パイロットになる

海上保安庁のパイロット養成

海上保安学校航空課程を卒業した後、または海上保安大学校専攻科等を修了し選抜された後から、
パイロットを目指して本格的な研修と訓練が開始されます。



※海上保安学校(門司分校)<有資格者>航空機職員(飛行)で採用後は、海上保安学校門司分校(北九州市門司区)において、海上保安官として必要な研修を6ヶ月間受けた後、航空機職員(飛行)の方は全国の航空基地又は航空機搭載型巡視船に配属され、勤務することとなります。

①海上保安学校 航空課程(ヘリコプター)

②海上保安学校 航空課程(飛行機)

③海上保安大学校

海上保安学校宮城分校、北九州航空研修センター

海上保安学校宮城分校、北九州航空研修センターは、海上保安学校や海上保安学校を卒業後の職員が、海上保安庁の航空要員を養成する海上保安庁の教育機関です。固定翼機(飛行機)は北九州航空研修センターで、回転翼機(ヘリコプター)は海上保安学校宮城分校でそれぞれ実習します。

在学中の処遇

入学と同時に国家公務員としての身分が与えられ、共済組合員としての社会保障を受けることが可能で、入学金や授業料は一切不要で、給与や期末手当、皆勤手当(いわゆるボーナス)が支給されます。
また、国土交通省職員として、国土交通共済組合員の社会保障を受けることが可能です。

パイロットのキャリアパス

飛行機(固定翼)

免許取得

20代
副操縦員
(中型プロペラ機)飛行員

副操縦員
(中・大型ジェット機)飛行士

30代
機長
(中型プロペラ機)飛行士

機長
(中型ジェット機)飛行士

管区本部運用司令 センター運用官

40代
機長
(中型ジェット機)主任飛行士

50代
北九州航空研修 センター教官

機長
(大型ジェット機)上席飛行士


ヘリコプタ-(回転翼)

免許取得

20代
副操縦員
航空基地飛行員

副操縦員
航空機搭載船 飛行士補

30代
機長
航空基地飛行士

宮城分校教官

管区本部運用司令 センター運用官

40代
機長
航空基地 主任飛行士

50代
航空機搭載船 首席飛行士

機長
航空基地 上席飛行士