「パイロットになりたい」という夢と「人の役に立つ仕事をしたい」という使命感の両方を達成することができる

「パイロットになりたい」という夢と「人の役に立つ仕事をしたい」という使命感の両方を達成することができる

航空課程

私は、幼い頃から「パイロットになりたい」という夢と「人の役に立つ仕事をしたい」という使命感の両方を達成することができる海上保安庁のパイロットを目指し、航空課程への入学を決意しました。規則正しい生活や水泳などの厳しい訓練に、入学当初は苦労しましたが、同期や先輩に助けてもらいながら乗り越えることができました。
航空課程では、海上保安官として必要な知識や技能の習得に加え、航空工学や管制英語といった専門的な授業も行われています。
海上保安学校を卒業後は航空基地での本格的な研修が始まり、その後、全国の海で人命救助や海上警備等の業務に携わることになります。技術力と精神力を兼ね備えた優秀なパイロットになれるよう頑張ります。