小笠原管内排出油等防除協議会 / 事務局: 小笠原海上保安署

¤  PDFファイルについて
PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe社「Adobe Reader」が必要です(無料)。
「Get Adobe Reader」のボタンを押して、Adobe Readerをダウンロードして下さい。

Adobe Readerのダウンロードページへのリンク

■ 小笠原管内排出油等防除協議会

概要

◆ 沿革

 小笠原管内排出油等防除協議会は、「海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律第43条の6第1項の協議会」として、平成16年1月28日に設立しました。
 平成19年4月1日、法改正により、揮発油及び有害液体物質(HNS)についても、特定油同様の防除義務が義務付けられました。このため、平成19年7月6日、会の名称を「・・・排出油防除協議会」から「・・・排出油防除協議会」に変更しました。

◆ 活動

 主な活動海域
・小笠原村聟島列島、父島列島及び母島列島の沿岸海域

 協議会の業務
・防除活動マニュアル(防除に関する自主基準)の作成
・排出油等の防除に関する技術の調査及び研究
・排出油等の防除に関する教育及び共同訓練の実施
・その他排出油等の防除に関する重要事項の協議
・会員が行う防除活動の調整


会則

小笠原管内排出油等防除協議会 会則  (PDF:92.8KB)


会員

◆ 小笠原管内排出油等防除協議会は、国の地方行政機関、地方公共団体、関係団体及び民間事業所等の長又はその指名する職員で構成され、平成30年12月6日現在 13会員となっています。


活動状況

◆ 総会総会

  1.  「小笠原管内排出油等防除協議会総会」
     実施日:令和2年12月18日(新型コロナウイルス感染防止のため書面にて開催)
     ※写真は参考

     

◆ 防除訓練・講習会二見漁港訓練

  1.  「父島地区油防除訓練」
     実施日:令和2年12月18日
     場  所:父島二見漁港
     参加者:小笠原管内排防協会員機関職員30名
     訓練内容:
     島内で着岸中の船舶から油が流出しているとの想定で、当協議会において基本的な油防除訓練を実施しました。

  2.  「母島地区講習会」母島沖港訓練
     実施日:令和2年12月22日
     場  所:母島沖港物揚場
     参加者:小笠原管内排防協会員機関職員21名
     訓練内容:
     基本的な油防除の方法等について講習及び訓練を行いました。

■ 関係先リンク