このサイトのメインメニュー

三管区コーナーカテゴリメニュー

ホームから現在のページまでの階層

ホーム >  三管区コーナー >  船艇・航空機

三管区の主な巡視船艇・航空機

船艇

巡視船 しきしま PLH31

所属
横浜海上保安部
全長
150メートル
総トン数
約6,500トン
参考
世界最大級の巡視船
        

巡視船 あきつしま PLH32

所属
横浜海上保安部
全長
150メートル
総トン数
約6,500トン
参考
平成25年11月に就役した世界最大級の巡視船
        

巡視船 いず PL31

所属
横浜海上保安部
全長
110メートル
総トン数
約3,500トン
参考
海保初の災害対応型巡視船

巡視船 ぶこう PL10

所属
横浜海上保安部
全長
96メートル
総トン数
約1,500トン
参考
平成24年4月就役
平成28年10月配属

巡視船 しきね PL66

所属
下田海上保安部
全長
89メートル
総トン数
約1,300トン
参考
「旧しきね」の代替船 平成21年10月7日就役
はてるま型巡視船

巡視船 かの PM30

所属
下田海上保安部
全長
56メートル
総トン数
約335トン
参考
「旧かの」の代替船 平成21年12月就役 とから型巡視船

巡視船 ふじ PM24

所属
御前崎海上保安署
全長
56メートル
総トン数
約335トン
参考
平成20年6月就役 とから型巡視船

巡視船 たかとり PM14

準備中
所属
横須賀海上保安部
全長
68メートル
総トン数
約325トン
参考
昭和63年6月就役
平成28年10月配属替

巡視船 つくば PS13

所属
銚子海上保安部
全長
46メートル
総トン数
約195トン
参考
平成21年3月就役
       

巡視船 あかぎ PS14

所属
茨城海上保安部
全長
46メートル
総トン数
約195トン
参考
平成21年3月就役
              

消防船 ひりゆう FL01

所属
横浜海上保安部
全長
35メートル
総トン数
約280トン
参考
放水能力は日本最大級。毎分46,000リットルの放水が可能

巡視艇 まつなみ PC01

巡視艇 まつなみ PC01の写真
所属
東京海上保安部
全長
38メートル
総トン数
約165トン
参考
推進器にはウォータージェットを採用

巡視艇 よど PC51

所属
鹿島海上保安署
全長
37メートル
総トン数
約125トン
参考
下記35メート型の消防機能をさらに強化した巡視艇。船橋後部に伸縮式放水銃2基、粉末消火装置、泡沫消火装置を装備

巡視艇 はまぐも PC22

所属
横浜海上保安部
全長
35メートル
総トン数
約110トン
参考
消防機能を強化した巡視艇で、船橋後部のマストは海面から17メートルの高さまで伸ばすことが可能

巡視艇 かつかぜ CL118

所属
勝浦海上保安署
全長
20メートル
総トン数
約26トン
参考
従来の灰色塗装から白色塗装へ変更

巡視艇 やまゆり CL129

所属
横浜海上保安部
全長
20メートル
総トン数
約26トン
参考
平成14年3月29日配属

巡視艇 いそぎく CL135

所属
東京海上保安部
全長
20メートル
総トン数
約26トン
参考
平成19年3月に同型船「やまぶき」とともに就役

測量船 はましお HS21

所属
第三管区海上保安本部 海洋情報部
全長
21メートル
総トン数
約27トン
参考
東京湾沿岸等の測量、沿岸防災情報図の調査を担当

放射能調査艇 きぬがさ MS01

所属
横須賀海上保安部
全長
20メートル
総トン数
約26トン
参考
放射能測定業務に従事している

航空機

LAJ500・501 ガルフファイブ

所属
羽田航空基地
全長
29メートル
最高速力
510ノット(約940km/h)

MA722・725 ボンバル300

所属
羽田航空基地
全長
27.43メートル
巡航速力
243ノット(約450km/h)

MH686・805・806 スーパーピューマ332

所属
MH805:羽田航空基地
MH686・806:横浜海上保安部(巡視船しきしま搭載機)
全長
18.7メートル
巡航速力
140ノット(約260km/h)

MH689・690・691 スーパーピューマ225

所属
MH689・690:横浜海上保安部(巡視船あきつしま搭載機)
MH691:羽田航空基地
全長
19.5メートル
巡航速力
150ノット(約280km/h)

船艇・航空機メニュー

関連ページ・サイトへのリンク

アクセスカウンタ

アクセスカウンタ
カウンタリセット(2008年2月13日)