海難防止対策

 海上保安庁では、海上交通ルールの遵守、安全運航の励行等、海難防止に対する国民の皆様の意識を高めてもらうことで、海難の減少を目指しています。

海難の多くは、見張り不十分や操船不適切等、人為的な要因により発生おり、これらの海難を減少させるため、海難防止講習会や訪船指導等を実施するなど、海難防止に関する意識を高めるための様々な取組みを推進しています。


海難防止強調運動


海難を防止するためには、船舶運航者をはじめとする海事関係者やマリンレジャー愛好者、さらには国民一人一人の意識を高めることが重要です。


毎年、7月16日から31日までの間、官民一体となって全国海難防止強調運動<海の事故ゼロキャンペーン>を実施するとともに、各地方においても、それぞれの地域の特性を踏まえた海難防止強調運動を展開し、広く海難防止を呼びかけています。


海難防止講習会


漁業・海事・マリンレジャー関係者等を対象に、安全意識の向上や海難防止に関する知識・技術の習得・向上を目的とした海難防止講習会を実施しています。



訪船指導


港に停泊する船舶等に訪船し、地域の特性や船舶の種類に応じた海難防止対策用パンフレット等を配布するとともに、各種安全指導を実施しています。