海の安全運動

- 安心安全な航海のために! : 第三管区海上保安本部 -

「海の安全運動」とは?

うみまる 第三管区海上保安本部では、昭和44年から海事・漁業関係者を主たる対象に、船舶海難の防止を主眼とする「関東地方海難防止強調運動」を展開していました。年々マリンレジャーが普及するに伴い、夏場を中心にプレジャーボート等の海難のみならず、ボードセイリング、サーフィン、ダイビング、磯釣り、海水浴等を楽しむ青少年や家族連れ等の一般市民の海浜事故が後を絶たない状況となりました。 このため、平成12年度からは、船舶海難の防止に様々なマリンレジャーの事故防止をも加え、運動自体の活性化と実効性の向上を図り、社会的アピール性を向上させるために運動名称も「関東地方海難防止強調運動」から「海の安全運動」に変更し、官と民が一体となった各種安全啓発活動を実施する海の安全運動が始まりました。
 本運動は、公益社団法人東京湾海難防止協会が事務局を務め、「海の安全運動」を効果的に展開するため、管内8地区(茨城、銚子、千葉、東京、横浜川崎、横須賀、下田、清水)に活動拠点を設け、海事関係者、漁業関係者、マリンレジャー関係者など、船舶運航に直接関わる者はもとより、マリンレジャー愛好者、更には広く国民に対し、官と民が一体となって海難防止思想の普及と安全意識の高揚を図り、各地区の特性、特色等を加味した船舶海難やマリンレジャーに伴う事故を未然に防止するための様々な活動を積極的に展開しております。
 また、海の安全運動期間中の7月16日から31日までの間、海上保安庁では、「海難ゼロへの願い」をスローガンとして「全国海難防止強調運動」を実施しております。


海の安全運動

·         » はじめに

·         » 運動の概要(重点事項)

·         » 活動紹介

·         » 海の事故ゼロキャンペーン

海の安全運動

·         » トップページへ戻る


沿岸域情報提供システム 海上保安庁では、プレジャーボート、漁船などの船舶運航者や磯釣り、マリンスポーツなどのマリンレジャー愛好者の方々などに対して、全国の海上保安部等からリアルタイムに「海の安全に関する情報」を提供する「沿岸域情報提供システム」 (海の安全情報) を運用しています。
[+] 海の安全情報について見る...