海の安全運動:全国海難防止強調運動

- 安心安全な航海のために! : 第三管区海上保安本部 -

海の事故ゼロキャンペーン

 海上保安庁は、7月16日から7月31日まで、海の事故ゼロキャンペーンを実施します。


「海の事故ゼロキャンペーン」とは?
 日本全国周辺海域では毎年2,500隻前後の船舶が海難に遭遇し、これにより多くの大切な命が失われています。
 海の事故ゼロキャンペーンとは、海難ゼロへの願いを実現するため、全国各地で官民一体となって、海事関係者だけでなく、広く国民に対し、海難防止思想を広める運動です。


体験航海一日船長任命式

合同パトロール海の安全教室

 海上保安庁では、海難防止講習会、巡視船体験航海などの各種の行事を実施するなど、あらゆる機会を活用して、海難防止思想の普及につとめています。

ページトップに戻る

安全航行のチェックポイント
  ●無理のない航海計画
   転覆事故の多くは気象海象不注意によるもの。
  ・気象海象、水路情報等は事前に収集しましょう。
  ・航行中も、常に気象海象の変化に注意しましょう。
  ●出航前点検の励行
   機関故障原因の多くは燃料系や冷却水系のトラブルによるもの。
  ・出航前には必ず船体・機関を点検しましょう。
  ・航行中も機関の状態を確認しましょう。
  ●見張りの励行
   衝突原因の多くは見張り不十分によるもの。
   航行中・漂泊中・錨泊中を問わず、常に周囲の見張りを行いましょう。

海の安全情報の入手

  海上保安庁では、プレジャーボート、漁船などの船舶運航者や磯釣り、マリンスポーツなどのマリンレジャー愛好者の方々などに対して、リアルタイムに気象や海上工事情報、潮汐などの海の安全に関する情報を提供する海の安全情報(沿岸域情報提供システム)を運用しています。

パソコンの海の安全情報へ、簡単にアクセスできます。
  http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/mics/

その他の気象情報の入手手段
  電話 177(地域の情報は「市外局番+177」)
  テレビ、インターネット
  NHKラジオ(第2放送、693KHz:東京都)
  など

ページトップに戻る


大切な命! 自分で守る
 海上保安庁では、「自己救命策 3つの基本」の周知啓発活動を実施しています。

救命胴衣を着用し、携帯電話を持って、海の「もしも」は118番!と呼びかける「さかなクン」 

  • ライフジャケット(救命胴衣)の着用
  • 防水パック入り携帯電話等の連絡手段の確保
  • 海上保安庁への緊急通報用電話番号「118番」の有効活用

 ※
 
平成20年4月1日から、一人乗り漁船は、適切な連絡手段の有無にかかわらず、ライフジャケットの着用が義務化となりました。

ページトップに戻る


はじめに ‹‹   |  運動の概要 ‹‹   |   活動紹介 ‹‹  |   海の事故ゼロキャンペーン  |  ⊥海の安全運動トップページに戻る⊥

海の安全運動

海の安全運動

全国海難防止強調運動
ポスター


沿岸域情報提供システム 海上保安庁では、プレジャーボート、漁船などの船舶運航者や磯釣り、マリンスポーツなどのマリンレジャー愛好者の方々などに対して、全国の海上保安部等からリアルタイムに「海の安全に関する情報」を提供する「沿岸域情報提供システム」 (海の安全情報) を運用しています。
[+] 海の安全情報について見る...


海の「もしも」は118番 海上保安庁では、海上における事件・事故の緊急通報用電話番号として、警察の110番や消防の119番のように覚えやすい局番なし3桁電話番号「118番」の運用を2000年5月1日から開始しています。
[+] 118番について見る...

海の「もしも」は118番へのリンク