「薬物海上取締官養成セミナー(MADLES2000)」の開催(12年1月)


 海上保安庁は、12年1月24日から27日まで、東京及び横浜において、運輸省ODA事業の一環として、東アジア及び東南アジア9か国の薬物海上取締機関から13名の参加を得て薬物海上取締官養成セミナー(MADLES2000)を開催した。

 本セミナーは、海上保安庁のほか、警察庁、外務省、大蔵省及び厚生省が同時期に開催した4つの国際会議、セミナーを統合した「2000年薬物対策東京会合」の一部として実施された。本セミナーにおいては、国連薬物統制計画(UNDCP)の「海上薬物取締トレーニングガイド」に基づく実習及び講義、海上保安庁によるデモンストレーションのほか、各国の海上薬物取締りに関する情報交換及び域内協力についての検討を行った。

薬物海上取締官養成セミナー

 

前へ戻る 表紙へ戻る 次へ進む