帰りたいのに 帰れない! SUPは自然が相手です

昨今、手軽なマリンレジャーとして、シーカヤックやSUP(スタンドアップパドルボード)といったマリンアクティビティーが普及しているところですが、手軽さゆえに初心者による事故が発生しています。

8月に入り、第四管区海上保安本部管内において、SUP(スタンドアップパドルボード)に2名が乗って遊走中、風とうねりが強くなり、浜に戻ろうとした際、バランスを崩して転覆。同時にパドルを流出させ、そのまま沖に流される事故が発生したほか、SUP中に潮に流され帰還不能となる事故が連続して発生しています。

いずれの事故も、船により無事に救助されましたが、SUPは、風浪や潮流の影響を受けやすく、急な天候の変化といった自然を相手にしたレジャーであることを認識し、十分に注意して楽しんでください。

海難防止カードはこちら