年末年始も事故なく安全操業を!(見張りの徹底 体調管理も万全に)

第四管区海上保安本部管内において、過去5年間(平成25~29年)に発生した漁船による事故(120隻)のうち、12月~1月に発生した事故は、

28隻で全体の約2割を占めています。

月毎の発生隻数でみると、この2ヶ月間の発生隻数は、他の月と比較し1.5倍と高くなっています。

特に「衝突」、燃料欠乏や推進器障害といった「運航不能」の事故が多く、操業中や航行中は見張りを徹底するとともに、発航前の点検、体調の管理にも気を配り、事故防止に努めてください。

海難防止カードはこちら