領海・EEZを守る

 近年、我が国の近隣諸国等は、海洋進出の動きを活発化させており、特に尖閣諸島周辺海域では、平成24年9月の海上保安庁による尖閣三島(魚釣島、北小島、南小島)の取得・保有以降、中国公船による領海侵入が繰り返されるなど、我が国周辺海域を巡る情勢は緊迫化しています。

 海上保安庁では、こうした緊迫化する情勢下においても、国際法や我が国国内法令に基づき、領海警備や排他的経済水域における監視警戒を的確に実施しています。