ホーム>宮城分校概要

宮城分校概要

海上保安学校宮城分校は、海上保安庁の航空機職員の効率的な育成を目的とした研修機関であり、 海上保安学校(京都府舞鶴市)の分校として、昭和63年10月に設立されました。
海上保安庁の航空機職員は飛行科、整備科、通信科の3科に分かれ、 それぞれの業務に必要な国家資格の取得及び技術の習得が必要とされます。
宮城分校には、これらの国家資格取得のための課程をはじめ、航空従事者としての基本的技能を習得する課程、 また、海上保安学校航空課程卒業者の訓練及び資格取得の課程など、航空業務に関する多種多様な課程が設けられています。

海上保安学校宮城分校画像