「海を知る」ことで国やそこで生活する人々の安全な生活を守り、そして自然災害で苦しむ人々を減らす

「海を知る」ことで国やそこで生活する人々の安全な生活を守り、そして自然災害で苦しむ人々を減らす

海洋科学課程

私は日本で生きる以上、逃れることのできない地震のような自然災害から大切な人を守りたい。その思いから入学を決意しました。
学校卒業後、配属される海洋情報部では、主に海図作製を業務としており、海洋科学課程では、課業で実査に測量を行い、海図の作製に必要な知識、技能を学んでいます。また、海洋情報部は、目には見えない海の中を測量する技術を生かし、領海やEEZ等の日本の海洋権益確保に不可欠なデータを収集し、東日本大震災や南海トラフ地震の原因である海底プレートの動きを観測し、地震防災に貢献しています。
将来、「海を知る」ことで国やそこで生活する人々の安全な生活を守り、そして自然災害で苦しむ人々を減らすことを目標に日々、同期と共に海上保安学校で勉学に励んでいます。