「なみ・うねり」とは ?

それぞれ、階級表の数字です!


 風浪(なみ)とは、その海域で吹いている風によって生じる波のことです。うねりとは、風浪が風の吹かない領域にまで伝わった波、あるいは風が弱まった場合に残された波をいいます。風浪とうねりは混在しており、それらをまとめて「波浪」と呼ばれています。

● 代表的なうねりとして、土用波があります。日本のはるか南方で発生した台風により、伝わってきたものです。うねりは、浅い海(場所)で盛り上がることとなり、とくに注意が必要です。

風浪階級表

うねり階級表

  波による海面の状態 波の高さ   うねりによる海面の状態
鏡のようになめらかである 0 うねりがない
さざ波がある 0〜10cm 短く又は中位の 弱いうねり(波高2m未満)
なめらか、小波がある 10〜50cm 長く
やや波がある 50〜1m25cm 短く やや高いうねり(波高2m〜4m)
かなり波がある 1.25〜2.5m 中位の
波がやや高い 2.5〜4m 長く
波がかなり高い 4〜6m 短く 高いうねり(波高4m以上)
相当荒れている 6〜9m 中位の
非常に荒れている 9〜14m 長く
異常な状態 14mをこえる場合 2方向以上からうねりがきて、海上が混沌としている場合

う   ね   り

短   く 波長100m未満 周期8秒以下
中   位   の 波長100m〜200m 周期8.1秒〜11.3秒
長   く 波長200m以上 周期11.4秒以上

油津海上保安部 


TOPページへ       海の一口知識へ