○簡易標識について

 航路標識は、「海上保安庁が設置するもの」及び,海上保安庁以外の者が自己の行う事業のために,海上保安庁長官の許可を受けて設置する「許可標識」に大分されますが、この他に許可標識の許可基準である施設・性能基準に満たない(一般に15カンデラ未満)「小規模な航路標識(簡易標識)があります。

 「簡易標識」は小規模なため設置にあたり許可を必要としませんが、小規模であっても船舶運航者にとっては重要な航路標識となるため、設置にあたっては「標識の塗色・灯色・光り方」など目的に応じて適切に設置し管理する必要があります。

*詳しくはこちらをご覧下さい(簡易標識の正しい使い方)


○「簡易標識」の設置・変更の際には“設置届”等のご提出をお願いします。

 このような事から、新潟海上保安部では「簡易標識」の設置状況を把握するために、簡易標識を設置しようとする場合には設置届の提出をお願いしています。
 また、設置された簡易標識を
「変更・廃止」する場合には、「変更届・廃止届」の提出をお願いしています。


○「簡易標識」を設置する時は、事前にご相談下さい。

 小規模な「簡易標識」であっても、船舶運行者から見た場合、「航路標識」となるため、ルールを無視した簡易標識の設置は、最悪の場合、船舶の安全航行を妨げかねません。
 「簡易標識」を設置しようとする場合は、事前に海上保安部(交通課)にご相談下さい。



○簡易標識「設置・廃止届」はコチラからダウンロードできます。
     様式はこちらから