■非常投浮とは?
 浮子(あば)と呼ばれる漁具にロープを取り付けたもので、海中転 落者に向けて投げ入れ、掴まらせて手繰り寄せる救助機材です。







   
  左図のように、頭上で振り回すようにして遠心力を利用して投げれば、約20〜30m飛ばすことができます。
 また、浮子の先端には輪が作ってあり、海中転落者が手や身体を通せるようになっています。
 【!注意!】
  非常投浮の浮子だけでは、十分な浮力が得られません。
  要救助者がロープに掴まったら、引っ張って引揚げ場所まで誘導してください。




 ○非常投浮の作り方(PDFファイル)