簡易標識について

許可標識の許可基準に満たない小規模な航路標識を簡易標識といいます。
簡易標識は、 各種工事区域,漁業施設,漁業区域の存在を表示することにより、これらの施設の保護及び付近航行船舶へ施設の存在を認知させる役割をはたしています。
簡易標識は小規模であっても、船舶運行者にとって重要な航路標識となりますので、その設置にあたっては、塗色,灯色,光り方などその目的に応じて適切に設置し、管理する必要があります。(下記資料参照))
 留意事項
(1)
簡易標識を設置する際は、海上保安部交通課まで連絡してください。立地条件や、標識の規格の相談に応じます。
(2)
簡易標識は小規模であるため、許可の対象外となっていますが、設置海域の状況変化等により、規模を大きくする必要がある場合は許可標識への移行を図りましょう。
(3)設置後、
簡易標識を適正に維持するため、障害等に対応できる十分な予備品を備えるとともに標識の監視体制の確保に努めましょう。
(4)
簡易標識に使用する灯器は、できる限り(財)日本航路標識協会の型式認定を受けたものを使用しましょう。


届出の様式   簡易標識調査票     記入要領



 ここでは、
簡易標識を設置する場合の参考として、代表的な使用方法を図解入りで紹介しますのでお役立てください。
 

 資料

 ・航路標識の塗色・灯火の色・光り方 の例
 ・航路標識の設置例

      すでに完成した防波堤先端を標示するとき
      防波堤延長工事の区域を標示するとき
      工事区域や漁業区画などの一部が航路に接するときの標示
      小規模な漁業施設や波浪観測塔など小規模な海洋情報収集施設を標示するとき
      海上架橋の存在と橋梁下の河口水域を標示するとき


申請・届出へ戻る