平成30年11月13日
お知らせ

「未来に残そう青い海」海上保安庁長官賞

海上保安庁では6月1日から9月6日まで「第19回未来に残そう青い海・海上保安庁図画コンクール」の作品を募集し、全国から多数の応募がありました。応募作品の中から選考の結果、小学生高学年の部に唐津保安部管内から応募のありました 北波多小学校4年大倉和穂(おおくら かずほ)さんの作品が海上保安庁長官賞に選ばれました。


平成30年10月15日
お知らせ

平成30年10月1日(月)〜12月31日(月)

漁船セーフティラリー実施

重点事項:常時適切な見張りの徹底、早期避航等適切な操船の励行、気象・海象の入手活用、自己救命策確保の推進、救命胴衣着用義務等遵守事項の徹底

漁船海難が増加する漁協組合員は、一眼となって無事故達成に頑張ります


平成30年7月31日
お知らせ

新港湾合同庁舎開所式

7月15日(日)新唐津港湾合同庁舎開所式を実施

詳細はこちら(PDF形式)別ウインドウで開きます


平成30年7月31日
お知らせ
海カニ

救助訓練・海上パレード実施

7月15日(日) 海のカーニバルinからつにおいて一日海上保安官の任命、ヘリコプターによる吊り上げ訓練、巡視艇等によるパレードを実施しました。

詳細はこちら(PDF形式)別ウインドウで開きます


平成30年3月6日
平成30年3月6日に唐津港大島灯台が廃止されました。(PDF形式)別ウインドウで開きます

平成30年3月2日
平成30年3月2日に野北港西防波堤灯台が廃止されました。(PDF形式)別ウインドウで開きます

平成29年7月26日
海 難

波戸岬沖にて衝突事故発生

平成29年7月23日午前5時過ぎ、佐賀県唐津市所在の波戸岬沖にてプレジャーボート(約2トン)と漁船(約4.5トン)が衝突しました。

衝突の衝撃でプレジャーボートは転覆し、乗船していた5名全員が一時海上へ投げ出されましたが、無事全員救助されました。

転覆という死亡事故にもつながりかねない海難で海上に投げ出された5名中4名の方が救命胴衣を着用されていたため、早めの救助につながりました。

海難時には、けがや意識を失う可能性があります。本海難は、このような時でも浮いてられる救命胴衣の有用性を証明したといえると思います。


平成29年5月8日
海 難

玄海原発付近にて乗揚げ事故発生

平成29年4月30日午前9時頃、九州電力玄海原発付近の岩場につり船(1.38トン)が乗揚げました。

乗船者(3名)に怪我等はなく燃料油の流出等もありませんでした。