方 位 標 識


1.方位標識は、次図のとおり北方位標識・東方位標識・南方位標識及び西方位標識の
  四つの種類があります。
2.方位標識は、例えば北方位標識の場合にはその標識の北方に可航水域又は航路の
  出入り口・屈曲点・分岐点・合流点があることを示し、その南方に岩礁・浅瀬・沈船など
  の障害物があることを示しています。
3.方位標識は、昼間にあっては、黒と黄色の標体の塗り分け及び黒色円すい形トップマー
  ク2個の組み合わせにより、また夜間にあっては、急閃白光の光り方によって、その標識
  のどの方角に可航水域などが存在することを示します。
4.この標識を利用する場合は、コンパスにより正確な方角を知るほか、海図によって標識
  付近の状況を知る必要があります。

北方位標識  

灯質・・・連続急閃白光


西方位標識

灯質・・・群閃白光 (毎15秒に9急閃光)
   東方位標識

 灯質・・・群急閃白光 (毎10秒に3急閃光)
←     15秒    → ←  10秒  →
障害物
または
特定箇所

南方位標識

灯質・・・群閃白光 (毎15秒に6急閃光と1長閃光)
                    ←    15秒   →