『福岡地区プレジャーボート海難防止運動』が始まります! 


●運動の目的
   例年、福岡地区において秋季にプレジャーボートの海難事故が頻発する傾向にあることから、プレジャーボート利用者、関係者の皆様を対象に
  海難防止思想の普及、高陽を図ることを目的としています。



●運動の期間
   令和元年9月15日(日)〜令和元年9月30日(月)



●福岡地区におけるプレジャーボート海難の状況

1.福岡地区における過去5年間の船舶海難(船種別)                  2.福岡地区における過去5年間の船舶海難(月別)
  プレジャーボートの海難が最も多く、福岡地区における過去5年間で発生した         ゴールデンウィークにあたる5月も多いが、7月〜9月の秋口にかけて特に多く
  船舶海難全体のうち60%を占めている。                               発生している。
   



3.福岡地区における過去5年間の船舶海難(海難種類別)               4.福岡地区における過去5年間の船舶海難(運航不能詳細)
  「運航不能」の海難が最も多く、福岡地区における過去5年間で発生したプレ        運航不能海難の詳細について、「機関故障」が最も多く、運航不能海難全体の
  ジャーボート海難全体のうち60%を占めている。次いで、「衝突」、「乗揚」に         40%をしめている。次いで、「推進器障害」、「燃料欠乏」の順に多く発生してい
  ついても毎年発生している。                                     る。
   



5.福岡地区における過去5年間の船舶海難(原因別)
 (1)衝突                                                 (2)乗揚
    衝突の原因は主に「見張り不十分」、「操船不適切」である。                  乗揚の原因は「水路調査不十分」が最も多く、次いで「操船不適切」である。
   



 (3)運航不能(機関故障)
    「整備不良」が最も多く、運航不能(機関故障)海難全体の50%を占めてい
    る。次いで、「老朽衰耗」となっている。
      


●海難に遭わないための事故防止に役立つ資料

            
ハロー!フレッシュボートライフ   海に出る前にこれだけは確認    小型船舶の船長さんへ        泊まっている時こそ危ない!    ミニボートに乗船する際の
                      しよう!                 自船の安全確保3か条        釣り中の事故はなぜ起きる?   注意事項


            
安全にカヌーを楽しむために    船用電子機器の不適切な使用    海の初心者でもわかる!      海の安全情報を登録しよう!
                      が事故に繋がる!            海の安全情報

衝  突 ⇒常時見張りの実施 乗  揚 ⇒行き先の水深を海図で確認 機関故障⇒出発前に機関部をしっかり点検  これらを守って、楽しいレジャーとなるよう努めましょう!
画像を「クリック」すると 中身が見れるよ!