音 戸 大 橋

地域案内・海上から見た橋梁シリーズ

音戸大橋
音戸大橋全景
 音戸大橋は平清盛が切り開いたと伝えられる音戸ノ瀬戸に、1961年(昭和36年)に呉市と倉橋島の音戸町を結ぶ真紅の日本初のアーチ型ループ式高架橋で、長さ172メートルです。
 この音戸ノ瀬戸は可航幅が60メートルしか無く、一日の船舶の通行量は約700隻で、潮流が早く、狭い所を1000トン級の船が行き交う瀬戸内海の難所と言われています。
 この橋は、当HPのライブカメラ南口1のカメラで見ることが出来ます。
 音戸大橋は自動車専用道路(無料)で人の往来は倉橋島側の音戸町と本土側の呉市の間を結ぶ渡し船があり、日本で一番短い定期航路です。 幅100メートル足らずの急潮の海峡を大型船の間をすり抜けて横切る小舟は、波しぶきを受けちょっとスリルのある渡し船です。 音戸大橋と渡し舟
音戸瀬戸の北口から望む
音戸大橋と音戸瀬戸南口灯浮標
音戸瀬戸南口灯浮標瀬戸と音戸大橋
 海峡の片隅に、清盛が実施した難工事の功績をたたえ、供養の為の清盛塚が建立されております。
 瀬戸の南口と北口には船舶の通航を整流するための灯浮標が設置されており、北口の丘の上には「音戸灯台」があります。
 この音戸ノ瀬戸を航行する船舶の航行の方法や、潮流のことは当HPで紹介しておりますので参考にして下さい。