業務紹介       ○所属船艇・航空機 ○沿革   ○主要業務 ○担任水域    ○各課の業務概要        
   Kobe Coast Guard Office                  
                           


○沿革 
 
 ・昭和23年 5月1日 海上保安庁発足
 ・昭和25年 6月1日 神戸海上保安部設置
 ・昭和33年 2月1日 姫路分室設置
 ・昭和35年12月1日 尼崎分室設置
 ・昭和38年 4月1日 姫路分室が姫路海上保安署に昇格
 ・昭和46年 4月1日 東播磨分室設置
 ・昭和47年 5月1日 東播磨分室が東播磨海上保安署に昇格
 ・昭和63年 9月1日 尼崎分室が西宮市に移転し、西宮分室に名称変更
 ・平成17年 4月1日 西宮分室が西宮海上保安署に昇格
 ・平成19年 1月1日 姫路海上保安署が姫路海上保安部に昇格
               東播磨海上保安署が姫路海上保安部管轄となる
 ・平成19年 4月1日 神戸海上保安部に交通課設置
   
○担任水域  
  
     *神戸海上保安部
 
         
                 
 
 



        *西宮海上保安署

             
 ○所属船艇・航空機  
 
  
 
 ○各課の業務概要 

 
 ■管理課
  総合窓口、事件事故の広報、一般行事の企画など
 ■警備救難課
  犯罪の取締り、テロ対応、海難救助、海洋環境保全など
 ■交通課
  航路標識の維持・管理、海の安全情報の提供など
 ■航行安全課
  港長業務、海上における工事や作業等の許可及び指導、海難防止活動など



○主要業務 

治安の確保
 海上で行われる犯罪行為の未然防止や取締りに努め、日本の海の安全・安心を確保しています。
 特に、神戸港においては、テロ対策として「国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律」に基づき、入港する船舶に対する立入検査を実施するなど、関係機関と連携して水際対策・危機管理体制の強化に取組んでいます。

生命を救う
 自己救命策確保の普及・啓発を実施するとともに、事故が発生した際には、迅速に救助活動を実施し、尊い人命・貴重な財産を救うことに全力を尽くしています。
 特に、神戸海上保安部においては、自己救命策確保キャンペーン発祥の地でもあり、平成12年7月、明石海峡において発生した海難事故を契機に救命胴衣なしでは絶対に飛び込まない、初期救助をペットボトルやクーラーボックスなど投げて実施しよう等々、多くの学校や幼稚園で自己救命策の確保方法を指導しています。

青い海を守る
 「未来に残そう青い海」をスローガンに掲げ、海洋汚染の状況調査、海上環境法令違反の取締り、海洋環境保全に関する指導・啓発に取組んでいます。
 特に、神戸海上保安部では、所属職員により「JCG神戸エコチーム」を発足させ、管内のビーチクリーン等行事への参加・環境教室の開催等を通じて、海洋環境の保全を広く一般の方々に理解していただくことに取組んでいます。 

交通の安全を守る
 船舶交通がふくそうする海域での海上交通の安全確保を図るため、海上交通ルールを遵守するよう指導を実施しています。
 特に、神戸海上保安部においては、明石海峡航路が我が国有数の船舶交通の多い狭水道であるとともに、豊かな漁場で周年を通して様々な漁が行われていることから、海上交通ルールの周知・指導、海難防止講習会の実施、船舶への情報提供、航路標識の維持・管理などに取組んでいます。

港則法に係る事務
 港内での船舶交通の安全確保と整頓を図るため、船舶の運航や係留施設等に関する規制、
工事・作業・行事等船舶交通の障害になるおそれのある行為の規制、船舶の標識等の規制、及び災害防止のための火気、危険物の荷役など取扱の規制などを行い、港内の安全確保に努めています。
 なお、阪神港(神戸区)では、昭和25年6月の神戸海上保安部設置とともに、歴代の神戸海上
保安部長が港長に任命されています。

 


     



 


                                             神戸海上保安部TOP