文字を標準サイズにする
文字を拡大する

大阪湾における走錨事故防止対策について

平成30年9月、台風21号による強風等の影響で油タンカーが走錨し、関西国際空港連絡橋に衝突する事故が発生しました。  海上保安庁では、荒天時の走錨等に起因する事故の再発防止について検討するため、学識者及び海事関係者等による有識者検討会を設置し、関西国際空港周辺海域における安全対策を平成31年1月に講じたほか、今後全ての海域において、荒天時の走錨等による事故の再発防止に必要な対策を講ずることとしており、第五管区海上保安本部においては、神戸空港及び堺泉北港桟橋の周辺海域を、「Ⅲ 規制海域」として対応することとなりました。  詳細については、こちらをクリックしてください。

・走錨海難防止のための新たな航行ルール   大阪湾(関西国際空港、神戸空港、堺泉北港桟橋)    日本語版    英語版

大阪湾における台風・大型低気圧接近時の避難についての留意事項等 (外部リンク:公益社団法人 神戸海難防止研究会)

走錨事故防止に役立つ情報

   日本語  日本語(小型内航船用)  英語  中国語  韓国語  ロシア語

第五管区
   (大阪湾)大阪湾の錨泊船舶の状況図(荒天時)

・参考図  関西国際空港      神戸空港     堺泉北港桟橋




EDIT