文字を標準サイズにする
文字を拡大する

事故」 記事一覧

   発生日時平成27年8月9日(日) 午後0時30分頃発生場所和歌山県海南市大崎白木浜沖事故船舶プレジャーボート(水上オートバイ) 2人乗組みプレジャーボート(モーターボート) 8人乗組み概 要水上オートバイとモーターボートがともに遊走中、先航していたモーターボートが右旋回した際に後方を航走していた水上オートバイが衝突した。衝突の衝撃により水上オートバイの船長が海面に投げ出され鎖骨骨折等の負傷を負い、両船体とも損傷を生じた。   発生日時平成27年8月9日(日) 午後0時30分頃発生場所和歌山県海南市大崎白木浜沖事故船舶プレジャーボート(水上オートバイ…

 >> 続きを読む

  発生日時平成27年8月29日(日)午後発生場所大阪府泉南市岡田浦事故者大阪府在住 女性20歳代概要事故者は短パン・Tシャツの軽装で水上オートバイの最後部に乗船、自転車並みのスピードで徐行して航行中、バランスを崩して海中転落したときに水上オートバイの噴流に巻込まれた。しばらくして下腹部から出血しているのに気付き医療機関で受診し、内臓損傷が判明した。水上オートバイの性能は時速80キロ以上の速度で航行することができ、エンジンは100馬力から300馬力を超える出力があり、共通していることは強力な噴流を推進力としており、巻込まれると人体の弱点である開口部から水流が体内に侵入し、内蔵損傷など…

 >> 続きを読む


記事内容は、右下のリンク「詳細はこちら」をクリックして、別ページをご覧ください。

>> 詳細はこちら

平成27年上半期 主な船舶事故事例

   発生日時平成27年5月17日(日) 午後0時15分頃発生場所兵庫県淡路市交流の翼港沖合い事故船舶プレジャーボートA(子ども含む12人乗組み)プレジャーボートB(2人乗組み)概 要 速力約12ノットで航行していたAと、漂泊して釣りをしていたBが衝突した。 Bの乗船者が、接近してくるAに気付いたが衝突直前であり、回避動作をとる間もなく、結果として両船は衝突した。双方にけが人はいなかった。 日頃から見張りの励行について指導しているが、航行中であれ漂泊して釣行中であれ、しっかりと見張りをしていれば防止できる事故であった。   発生日時 平成27年1月11日…

 >> 続きを読む

平成27年上半期 主な人身事故事例

 発生日時平成27年3月2日午後0時ころ発生場所神戸市灘区摩耶埠頭沖  第五防波堤(沖一文字)事故者兵庫県在住 男性67歳     (ライフジャケット着用)概要事故者は、渡船で沖の防波堤(沖一文字)に渡り、防波堤に係留されている台船上を移動しながら単独で釣りをしていた。台船から防波堤に戻ろうとし、足を滑らせ防波堤と台船との間の海中に転落し、転落後、防波堤と台船との間から出たところで助けを求め、これに気付いた釣り人が渡船業者に連絡し、救助された。  (ライフジャケット着用・生存救助事例)  発生日時平成27年4月19日午前6時ころ発生場所神戸市灘区摩耶埠頭沖  神戸港第一防波…

 >> 続きを読む

カテゴリ