文字を標準サイズにする
文字を拡大する

平成27年夏季 マリンレジャーに伴う主な人身事故


 

発生日時

平成27年8月29日(日)午後

発生場所

大阪府泉南市岡田浦

事故者

大阪府在住 女性20歳代

概要

事故者は短パン・Tシャツの軽装で水上オートバイの最後部に乗船、自転車並みのスピードで徐行して航行中、バランスを崩して海中転落したときに水上オートバイの噴流に巻込まれた。

しばらくして下腹部から出血しているのに気付き医療機関で受診し、内臓損傷が判明した。

水上オートバイの性能は時速80キロ以上の速度で航行することができ、エンジンは100馬力から300馬力を超える出力があり、共通していることは強力な噴流を推進力としており、巻込まれると人体の弱点である開口部から水流が体内に侵入し、内蔵損傷などの損傷が生じる恐れがあるので、身体を保護できるウエットスーツボトムやシューズ、手袋、ゴーグルなどを着用するよう奨励されている。


 

発生日時

平成27年7月20日(月)午前11時ころ

発生場所

兵庫県南あわじ市慶野松原海水浴場

(遊泳場、遊泳時間内)

事故者

愛知県在住 男性30歳代

概要

事故者は、勤務先同僚約30人でバーベキューや遊泳に興じていたが、事故者が見当たらないので通報し、海保潜水士、消防、警察、地元漁船で捜索した、沖合いの遊泳区域を示すブイ付近の海底で発見された。

事故者は単独行動で遊泳していたため詳しい状況は不明であるが、飲酒した上で入水し、遊泳をしていた。



 

発生日時

平成27年7月19日(日)午後1時ころ

発生場所

徳島市大神子海岸(遊泳禁止海岸)

事故者

徳島市在住 女性40歳代

概要

事故者は、知人と海岸で飲酒しながらバーベキューに興じていたが、遊泳禁止なので海で泳がないように知人から注意されていたにもかかわらず、酩酊状態で海に入り、気づいたときにはうつ伏せで浮いた状態で発見・救助されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

事故者は、酩酊状態で遊泳が禁止されている場所での遊泳であった。




EDIT