防災訓練


四日市海上保安部は、県、市町、自衛隊、消防等と連携して定期的に防災訓練を行っており、海上における支援物資の輸送、油や有害液体物質が流出した際の防除訓練等を行っています。
油等の防除訓練では、関係機関と連携して油等の更なる拡散を防止するオイルフェンスの展張作業、ガス検知作業を実施します。
また、巡視船艇等から放水することで、油等を拡散させ、濃度を薄くすることによって環境への影響を少なくする訓練を行っています。
ガス検知作業では、検知員の汚染を防ぐため、防護服を着用して作業を実施しますが、防護のための服なので、通気性は全くありません。
ですので、夏場には40度を超えるなか、慎重な検知作業を行うことになります。