お知らせ

海上保安資料館 横浜館のご案内



「海上保安資料館 横浜館」では北朝鮮工作船展示を行っています。


回収した主な武器

工作船の武器類を押収し、政府関係機関に鑑定嘱託した結果、いずれも殺傷能力のある武器等でした。特に、自動小銃、軽機関銃、二連装機銃、ロケットランチャー、無反動砲については、使用(発射)した痕跡が認められました。
また、携行型地対空ミサイルや手りゅう弾なども回収しています。






九州南西海域における工作船事件の概要

平成13年12月22日、海上保安庁は九州南西海域における不審船情報を防衛庁から入手し、直ちに巡視船・航空機を急行させ同船を捕捉すべく追尾を開始しました。同船は巡視船・航空機による度重なる停船命令を無視し、ジグザグ航行をするなどして逃走を続けたため、射撃警告の後、20ミリ機関砲による上空・海面への威嚇射撃及び威嚇のための船体射撃を行いました。しかしながら、同船は引き続き逃走し、巡視船に対し自動小銃、ロケットランチャーによる攻撃を行ったため、巡視船による正当防衛射撃を実施し、その後同船は自爆用爆発物によるものと思われる爆発を起こして沈没しました。その際、巡視船「あまみ」乗船の海上保安官3名が、約7~10日間の入院・加療を要する傷害を負いました。
海上保安庁では、事件発生後まもなく、第十管区海上保安本部(所在地:鹿児島県鹿児島市)及び鹿児島海上保安部に捜査本部を設置し、事件の全容解明に向けた捜査を開始しました。





工作船の状況

工作船の要目
船名 長漁3705
全長 29.68メートル
型幅 4.66メートル
総トン数 44トン
出力 約4400馬力(約1100馬力×4)
速力 約33ノット(約61km/h)


小型舟艇の状況

小型舟艇の要目
全長 11.21メートル
主機関 スウェーデン製
出力 約900馬力(約300馬力×3)
総トン数 2.9トン
速力 約50ノット(約90km/h)


工作活動の実態

回収品などから特定された工作船の国籍
乗組員の遺体の司法解剖により、7名分の人種は朝鮮人又は韓国人である可能性が極めて高いとの鑑定結果が出ています。また、北朝鮮の国民が着けていると言われる「金日成バッジ」、北朝鮮内の工場名がハングル文字で表記された物品、日本から北朝鮮に輸出された物品、「党」に対する忠誠心を意味するハングル文字の記載された船体の一部と思われる木片、北朝鮮を示す丸に星マーク及びハングル文字表記のある武器、製造国が北朝鮮を示す番号の刻まれた実包、薬きょうなどを押収しました。
これらの事実に加えて、平成14年9月17日に行われた日朝首脳会談の場において、金正日国防委員長が軍部の一部が行ったと思われる旨の発言を行ったこと等から総合的に判断して、この犯罪供用船舶「長漁3705」については「北朝鮮国籍の工作船」であり、同船乗組員についても「北朝鮮国籍」であると特定しました。

推定される工作船の行動目的とは?
徹底的な事件捜査の結果、①この工作船は、九州周辺海域で覚せい剤の取引きに使用されていた疑いが濃厚であること、②工作員の不法出入国等、他の重大犯罪にも利用されていた可能性があること、③国内に協力者が存在している可能性があること、が明らかになりました。なお、平成18年10月27日、東京地方検察庁により、当該工作船が「覚せい剤を密輸していた」と認定されました。


アクセス

【場  所】神奈川県横浜市中区新港1-2-1(赤レンガパーク隣)
【交通案内】みなとみらい線「馬車道駅」又は「日本大通り駅」下車徒歩8分
JR・市営地下鉄「桜木町駅」から汽車道経由徒歩17分

開館時間

午前10時から午後5時まで(閉館30分前に受付終了)

休館日

毎週月曜日(休日の場合は翌平日)年末年始(12月29日から1月3日)

見学料 無料
問い合わせ先

第三管区海上保安本部総務課 (電話045-211-1118)
海上保安資料館横浜館    (電話045-662-1185)