大間埼灯台100周年に向け色々な活動を行っていくにあたり、これら活動のシンボルとして「大間埼灯台100周年記念ロゴマーク」を作成しました。
 灯台を意味する「Light House」の頭文字「L]は、白黒横縞で大間埼灯台そのもの。その下の地面は大間埼灯台が立つ「弁天島」を表します。
 100年変わらぬ姿でこの地に立ち続けています。

1 沿革

   大正10年11月 1日  「大間埼灯台」設置・点灯 

   昭和27年 7月20日  構造等変更(初代の灯塔から2代目となる現在の灯塔に変更) 

   昭和39年 4月 1日  むつ航路標識事務所に集約。むつ市から職員が1週間交代で滞在管理。 

   平成 3年 3月26日  無人化。むつ市から職員が1~2ヶ月毎に巡回管理。 

   平成14年 4月 1日  管理がむつ航路標識事務所から青森海上保安部に変更。 

   平成21年 3月13日  大間埼霧信号所廃止(大間埼灯台設置時から灯台に併設されていたもの) 

   平成21年10月28日  光度、光達距離等変更(LU-M型灯器から高光度LED型灯器に変更。
                併せて電源に太陽電池を採用。)


2 灯台諸元


   名称       大間埼灯台(おおまさき) ※ 灯台名称の「埼」(さき)は多くの場合濁りません。 

   所在地       青森県下北郡大間町(弁天島) 
                北緯41度33分17秒  東経140度54分42秒 

   塗色及び構造   白地に黒横帯2本塗 塔形

   灯質(光り方)   群閃白光 毎18秒に3せん光 

   光度       実効光度3,700カンデラ   ※「実効光度」は光源そのものの光の強さではなく
                              実際に人の目が認識する光の強さに近い数値です。

   光達距離     12.0海里(約22km)

   明弧       全度

   高さ       地上から構造物の頂部まで 25.0m

             平均水面上から灯火まで  36.0m

             地上から灯火まで      22.7m

 


『 大間埼灯台100周年記念ロゴマーク 』




 


           


            
     初代の大間埼灯台(昭和7年頃撮影 (公社)燈光会提供)         現在の大間埼灯台