海上保安試験研究センター


 海上保安試験研究センターは、東京都立川市の広域防災基地の一角にあります。
 都心からおよそ30キロメートル西の内陸部に位置することで、海との関わりが薄く感じられますが、 約1万坪の海上保安試験研究センター敷地内にはマリンブルーを基調とした本館事務棟、第1〜第3試験研究棟、 回流水槽棟などの建物が配置され、周囲の豊かな緑の中にあって、 さながら『海』の存在を誇示するかのような趣となっています。

 海上保安試験研究センターのルーツを辿るとその歴史は古く、明治元年7月、 神奈川裁判所に灯台の建設事業を行う燈明台掛が置かれ、横浜市中区北仲通において 灯台用の木工・鍛冶工関係の製作を開始したのに端を発します。
 その後、80余年にわたる間に幾多の変遷を経て、昭和23年5月海上保安庁発足とともに 海上保安庁灯台部工務課工場となりました。さらに灯台部工場、経理補給部工場と順次組織体制が強化され、 昭和47年5月、海洋汚染原因物質の分析・鑑定や水質検査等の業務を加えた組織として 海上保安庁総務部海上保安試験研究センターが誕生しました。
 海上保安試験研究センター発足後も、時代の趨勢とともに業務量が増大し、施設が狭隘となったことに加え、 臨海都市再開発計画による庁舎移転が余儀なくされたことから、平成3年3月、124年に及ぶ時を刻んだ横浜市から、 ここ立川市で心機一転、業務に取り組むこととなりました。
 また、海上保安試験研究センターは、大規模災害が発生し、政府の緊急災害対策本部が立川広域防災基地に設置された場合には、 海上保安庁の災害応急活動の拠点として機能します。施設内には、ヘリコプターによる災害応急活動の基地として活用するために、 指令室、駐機場(15機駐機可能)、給油施設等を有しています。


 現在、海上保安試験研究センターには管理課、航行援助技術課、装備機材課、化学分析課、 科学捜査研究課及び電子情報分析課の六つの課があり次の業務を行っています。

 航行援助用機器、無線通信用機器その他音波、光波、電波又は電子を応用した機器及びその材料に関する試験及び研究、これらの機器に係る発電その他の技術に関する試験及び研究、海上保安の業務に使用する機器、資材の製作及び修理並びにこれらを応用する鑑定及び検査

 海難救助、海洋の汚染及び海上における災害の防止又は海上における犯罪の取締りに使用する機器及び資材、海上保安庁の船舶に使用する特殊なぎ装品その他海上保安の業務に使用する機器及び資材に関する試験及び研究、これらの機器及びその材料に関する機械工学的試験及び研究並びにこれらを応用する鑑定及び検査

 海洋の汚染状況の監視及び調査のための油その他の海洋の汚染の原因となる物質の分析及び水質の検査並びにこれらの研究、海洋の汚染の防除のために使用する薬剤に関する試験及び研究、海上における公害関係法令その他の環境関係法令の違反に関する化学的試験及び研究、海上保安庁の船舶に使用する燃料油、潤滑油及び塗料等の性能に関する試験及び研究並びにこれらを応用する鑑定及び検査

 海上における犯罪の科学捜査についての試験及び研究並びにこれらを応用する鑑定及び検査

 海上における犯罪の捜査に関連する電子情報の解析に関する試験及び研究、海上保安の業務に使用する機器への電子情報の応用に関する試験及び研究並びにこれらを応用する鑑定及び検査



以下に各課が行っている試験研究を紹介します。
航行援助技術課
 ロランCなどの電波標識、灯台などの光波標識に使用する機器などの開発・改良に関する試験研究を行っています。
航行援助施設に用いる新たな光源
(LED等)の色、光り方及び光量
についての性能評価実験

 航行援助施設の電源を自然エネルギー化するための縦軸風力発電装置の研究開発



装備機材課
 海難救助、海上犯罪の取り締まりなど海上保安庁の船舶に使用する機器の研究開発、その他の海上保安の業務に使用する機器及び資材に関する試験研究を行っています。

 特殊救難隊及び機動救難士がヘリコプターから降下す
 る際に使用する降下器などの装備資機材を研究開発



化学分析課
 海洋汚染の原因物質の分析・鑑定、船舶に使用する燃料油等の性能に関する試験、海洋汚染の防除のために使用する油処理剤等の性能及び毒物試験、その他これらに関する試験研究を行っています。

 高周波プラズマ発光分析装置により
  工場排水中の重金属成分の分析

ガスクロマトグラフによる油の分析



科学捜査研究課
 船舶衝突等に関する塗膜片・FRP片等の鑑定、薬物・毒物等の分析、鑑定及びこれらに関する試験研究を行っています。
電子顕微鏡による塗膜の元素分析 押収された乾燥大麻


電子情報分析課
 船員手帳等の偽造・変造の鑑定、GPS等の航海計器の解析、画像の解析、音響の解析及びこれらに関する試験研究を行っています。
船員手帳等の偽造・変造の鑑定 GPS等の航海計器の解析


海上保安試験研究センターへのアクセスマップはこちら