環境調査課

環境調査課では、以下の業務を担当しています。


・海象(潮汐、海潮流、波浪、海氷や海洋で起こる様々な現象)の観測や環境調査(塩分、溶存酸素、透明度、水温)を行っています。

・海図の水深等の基準となる平均水面、最高水面及び最低水面の高さを決めています。

・捜索救助活動や油防除活動を的確に行うために、遭難者や浮流油がどのように流れるかを予測しています。

・潮汐について全国数百ヵ所の推算値をインターネットにより提供しています。また、潮流については東京湾、伊勢湾、瀬戸内海の潮流を推算し、インターネットにより提供しています。

・人の健康や生物に被害を与える重金属・油分等の海洋の汚染物質の調査、海水や海底土における人工放射性物質の調査を行っています。


具体的な業務の紹介


 ◆海洋速報&海流推測図

 ◆海洋短波レーダー(相模湾・伊豆諸島)

 ◆平均水面、最高水面及び最低水面の高さに関する告示

 ◆リアルタイム験潮データ

 ◆潮汐の推算

 ◆潮流の推算

 ◆海氷情報センター

 ◆海洋汚染の調査(放射能調査を含む)

 ◆環境保全調査(海の再生プロジェクト)