海洋調査課

海洋調査課では、以下の業務を担当しています。


・海図を作成、更新するために、港湾や航路の水深などの測定を行っています。

・日本海溝や南海トラフにおいて海底基準点を設置して、大陸プレートの動きを探る海底地殻変動観測を行っています。

・海域にある火山や海底火山について、航空機による定期監視しています。また、測量船による海底地形・海底地質構造等の調査を行っています。

・船舶の津波避難対策に資するため、津波シミュレーションを実施し、津波高や津波到達時間等を表示した津波防災情報図を作成しています。

・海洋権益を保全するために、海底地形調査・地殻構造調査・領海基線の調査を行っています。



具体的な業務の紹介


航海安全のための海洋調査

   ・水路測量

   ・人工衛星レーザー測距(SLR)観測

防災のための海洋調査

   ・海底地殻変動観測
   ・DGPS等による沿岸地殻変動観測
   ・海域火山データベース
   ・津波防災情報(シミュレーション)



海洋権益保全のための海洋調査