救助にかかった費用は遭難者が支払なければ為らないのですか?
回答
 海上保安庁や(社)水難救済会が行う救助活動や捜索活動にかかる経費については、遭難者などに請求することはありません。
次の質問
 病院までの搬送についても、消防機関の救急車で搬送しますので、費用はかかりません。
 ただし、民間のマリーナや漁協等に救助等を依頼した場合には、救助捜索費用を請求されることもあります。 
 また、海のJAFのようなものとして、(財)日本海洋レジャー安全・振興協会が行っているBAN(Boat Assistance Network:プレジャーボート救助事業)という会員制の制度があり、東京湾及び相模湾、大阪湾において機関故障等発生した場合の曳航、乗員が行方不明となった場合の捜索等の救助サービスを24時間体制で行っています。
 ただし、この場合は有料となります。(BANの詳細については下記ホームページをご参照下さい。)
http://www.kairekyo.gr.jp/ban/index.html
About BAN→Q&Aのコーナーに費用例があります。
 なお、公的機関による捜索、救助にかかる経費は、貴重な国民の皆様からの税金で賄われていますので、くれぐれも事故のないよう注意して頂きたいと思います。