規制の事前評価(RIA) 

〇規制の事前評価(RIA)とは、規制の導入や修正に際し、実施に当たって想定されるコストや便益といった影響を客観的に分析し公表することにより、規制制定過程における客観性と透明性の向上を目指す手法のことです。行政機関が行う政策の評価に関する法律施行令(平成13年政令第323号)の一部改正により、平成19年10月1日から規制の事前評価(RIA)の実施が義務付けられることとなりました。

【規制の事前評価(
RIA)評価書】

◇平成27年度

  ・海上交通安全法等の一部を改正する法律案(平成28年2月25日)/事前評価書 要旨

◇平成20年度

  ・港則法及び海上交通安全法の一部を改正する法律案(平成21年2月9日)

   ※ 事後評価は、平成24年度政策レビューにより実施。

◇平成19年度

  ・領海等における外国船舶の航行に関する法律案(平成20年2月25日)

   ※ 事後評価は、平成22年度政策チェックアップにより実施。

◇平成16年度

  ・港則法の一部改正