政策評価

政策評価


〇 海上保安庁では、国民の皆様のニーズに沿った行政運営を行うため、「行政機関が行う政策の評価に関する法律」等に基づき、政策評価を実施しています。

〇 この政策評価の評価手法(=方式)には、次の基本的な3つの方式と政策の特性に応じた方式である「個別公共事業評価」や「個別研究開発課題評価」等があります。

 ① 政策アセスメント(事業評価方式)

・ 新たに導入しようとする施策の企画立案等に対して、その必要性、効率性、有効性といった観点から評価する手法です。

 ②政策チェックアップ(業績評価方式)

・ 施策目標ごとに業績指標とその目標値を設定し、定期的に業績を測定して目標の達成度を評価する手法です。

 ③政策レビュー(総合評価方式)

・ 既存施策について、国民の関心の高いテーマ等を選定し、施策の実施とその効果との関連性や外的要因を踏まえた政策の効果等を詳細に分析し、評価をします。

〇 また、海上保安庁は、「中央省庁等改革基本法」等に基づき、実施庁として位置付けられており、国土交通省が達成すべき目標を設定し、同省が実績を評価する「実施庁評価」の対象にもなっています。


〇 さらに、海上保安庁独自の取組みとして、「海上保安庁政策評価実施要領」に基づき、海上保安庁の業務全般について、業務目標(中長期的な個別の業務目標)、業績指標(業務の達成目標)、目標達成のための具体的な施策等を盛り込んだ向こう概ね5年間を視野に入れた「海上保安業務遂行計画」を策定し、評価を実施しています。

〇 海上保安庁では、これらの政策評価を通じ、今後も国民の皆様に対する行政の説明責任を徹底し、質の高い行政サービスの提供に努めます。



・海上保安庁の政策評価