政策アセスメント(事業評価方式) 

政策アセスメントとは、新たに導入しようとする施策の企画立案等に対して、その必要性、効率性、有効性といった観点から評価する手法です。

政策アセスメントの対象

・ 新たに導入を図ろうとする施策等(予算、財政投融資(政策金融を含む。)等)

・ 既存の施策等のうち、その改正、廃止、緩和、延長等を図ろうとするもの

※ 法律の制定による規制の新設等については、平成19年9月30日以前は
政策アセスメントとして評価していましたが、平成19年10月1日以降は「規制の事前評価(RIA)」と
して評価としています。



【政策アセスメントの実施結果】

◇平成26年度

  ・事後検証シート【情報管理の強化】(平成27年3月31日)


◇平成24年度

  ・津波防災対策の推進【平成24年度補正予算】(平成25年2月26日)

  ・情報管理の強化【平成25年度概算要求(組み換え)】(平成25年2月26日)

  ・情報管理の強化【平成25年度概算要求】(平成24年9月7日)

  ・津波防災対策の推進【平成25年度概算要求】(平成24年9月7日)

  ・事後検証シート【領海、EEZにおける海洋調査の推進】(平成25年4月5日)

◇平成22年度

  ・海洋権益を保全するための海洋調査等の推進(海洋調査能力の向上)【平成23年度概算要求】(平成22年8月27日)

◇平成19年度

  ・領海、EEZにおける海洋調査の推進【平成20年度概算要求】(平成19年8月24日)