よくある質問 お問合せ サイトマップ プリント

 船舶運航システム課程及び情報システム課程については、このほか、希望と適性により、潜水士、特殊救難隊、国際取締官などに進むことができます。
海上保安学校の卒業生は、すべての課程において、所定の実務経験のあと、海上保安大学の特修科に進むことにより、将来幹部として活躍する道も開かれています。

 

船舶運航システム課程
航海コース(1年)
機関コース(1年)
主計コース(1年)
巡視船艇等
(警備救難業務)

航海士補・機関士補・
主計士補


海上保安部署

係員
管区内転勤
主に巡視船艇や海上保安部署、海上交通センター等で勤務
情報システム課程
(2年)
巡視船艇等
(警備救難業務)

通信士補

海上保安部交通課等
(海上交通業務)

係員
管区内転勤
巡視船艇や海上保安部、情報通信管理センター、海上交通センター等で勤務
海洋科学課程
(1年)
本庁・管区本部
海洋情報部
(海洋情報業務)

係員
全国転勤
本庁や管区本部の海洋情報部、水路観測所等で勤務
航空課程
(1年)
航空研修
(固定翼・回転翼
(パイロット))
航空基地
(警備救難業務)

飛行員
全国転勤
航空基地やヘリコプター搭載型巡視船等で勤務
希望と適性に
より航空課程
以外の各課程
から選抜
航空研修
(整備)
航空基地
(警備救難業務)

整備員
全国転勤
航空基地やヘリコプター搭載型巡視船等で勤務