海上保安庁職員等からの通報


 海上保安庁では、「海上保安庁職員等公益通報処理要領」を定め、業務上横領、虚偽公文書作成、個人情報の漏洩、国家公務員倫理法(国家公務員倫理規程)に抵触する等の法令違反行為が発生した(又は発生しようとしている)場合、これらに関する海上保安庁職員、非常勤職員、人材派遣会社からの派遣者、請負契約者などからの通報の受付けを行っています。
  なお、通報の内容が国家公務員倫理法及び国家公務員倫理規定に関するものである場合には、匿名での通報の受付も行っております。 また、本制度は、公益通報者保護法に基づき、通報者は通報したことを理由として、不利益な取扱い等受けないよう保護されます。

 通報は、郵送、FAX、直接来訪で行うことができますので、以下の通報窓口まで情報をお寄せ下さい。
 なお、直接来訪を希望される場合は、お手数ですが、事前に相談窓口まで電話でご連絡をお願いいたします。



【公益通報窓口】

 ◆郵送、直接来訪による受付

  宛  先 :海上保安庁監察官
  住  所 : 〒100-8918 東京都千代田霞ヶ関2-1-3

 ◆FAXによる受付

  FAX番号 : 03-3591-9733



【公益通報に関する相談窓口】

  ※電話による公益通報の受付けは行っておりませんが、公益通報に関する相談の窓口は次のとおりです。

  住  所 : 〒100-8976 東京都千代田霞ヶ関2-1-3
  受付時間 : 平日の9時30分~17時
  電  話 : 03-3591-6361(内線2032)



※ 海上保安庁職員等公益通報処理要領(抄)(PDF版


※通報様式

【海上保安庁における特定秘密通報窓口について】



 海上保安庁では、「特定秘密の指定及びその解除並びに適性評価の実施に関し統一的な運用を図るための基準(平成26年10月14日閣議決定)」に基づき、海上保安庁における特定秘密の指定及びその解除又は特定行政文書ファイル等の管理が特定秘密保護法等に従って行われていないと思料する場合の通報を受け付けています。


【通報窓口】

  海上保安庁監察官
  住所 : 〒100-8913 東京都千代田区霞ヶ関2-1-3
  電話 : 03-3591-6361(内2031)
  FAX : 03-3591-9733
  Mail : jcghkansatsu1-3e9s@mlit.go.jp


【通報を行うことができる者】

 特定秘密の取扱いの業務を行う者若しくは行っていた者又は特定秘密保護法第4条第5項、第9条、第10条若しくは第18条第4項後段の規定により提供された特定秘密について、当該提供の目的である業務により当該特定秘密を知得した者です。


【通報に当たっての注意】

 通報に当たっては、特定秘密指定管理簿に記述された特定秘密の概要や特定秘密が記録された文書の番号を用いるなどし、特定秘密を漏らさないようにしてください。


【通報者の保護】

 ご連絡していただいた方の個人情報は、通報の処理に関与した職員以外に通知されることはありません。また、ご連絡をしていただいたことを理由に不利益な取扱いをした者に対しては、懲戒処分その他適切な措置をとることとしております。