有資格者採用試験

平成28年度(第2回)船艇職員、無線従事者及び航空機職員採用試験の実施について

 海上保安庁では、船舶、航空機や無線通信等の有資格者を対象とした採用試験を実施します。
 日本の海の安全を守るため、意欲のある受験者をお待ちしております。


~~今回の試験より、
   整備区分の受験資格が、「二等航空整備士以上」から「航空整備士又は航空運航整備士」
                               に変更となりましたので、ご注意ください。~~

受験日程等

募集案内はこちら
申込用紙はこちら



よくある質問

Q1 有資格者を対象とした海上保安官採用試験は毎年実施されるのですか?
A1 この試験は、当庁職員の在職状況等により募集する職員の種類(船艇職員、無線従事者、航空機職員の別)及び各採用予定人数を決定しているため、その都度ホームページ等にてご確認ください。

Q2 第1次試験は、海上保安庁職員として必要な一般的な知識についての多肢選択式による試験を行うということですが、どの程度の問題が出題されるのですか?
   また、過去問題の公表はしていますか?
A2 第1次試験は高校卒業程度を出題範囲とした教養試験となりますので、国家公務員採用一般職試験(高卒者試験)相当の問題が出題されます。過去問題についての公表は行っておりません。

Q3 身体検査では、どの様な場合に不合格となりますか。?
A3 身体検査は、検査項目の結果等を総合して職務遂行上の支障の有無を判断しますので、例えば、次のような場合には、海上保安官の職務遂行に支障があるとして不合格となります。
     ① 結核性疾患のため、軽業勤務及び休業の措置を要するもの
     ② 非結核性の重度の疾患を有するもの
     ③ 統合失調症
     ④ そううつ病(そう病及びうつ病を含む。)
     ⑤ 手指又は足指に2本以上の欠損、変形若しくは運動機能の障害があるもの
     ⑥ 手指の母指又は示指に欠損、変形若しくは運動機能の障害があるもの
     ⑦ 入れ墨又はその消し跡のあるもの
     ⑧ その他、海上保安官として職務遂行上支障があるもの

お問い合わせ先

海上保安庁総務部人事課任用係
〒100-8976  東京都千代田区霞が関2-1-3
℡03-3591-6361(内線2541~2542)