露・中・韓・印・越との二国間協議

ロシアとの二国間関係

経緯・目的


 2000年9月、海上保安庁長官とロシア連邦保安庁国境警備局長官との間で、海上における密漁、密輸、密航等の不法活動の取締り等における相互協力を内容とする覚書に署名しました。


同覚書に基づいて、原則、毎年1回、長官級会合を開催するとともに、第一管区とサハリン沿岸国境警備局間など地方レベルでの合同訓練等を実施しています。



日露長官級会合/第一管区とサハリン沿岸国境警備局間による日露合同訓練



第一管区とサハリン沿岸国境警備局間による日露合同訓練




中国との二国間関係

中国公安部/経緯・目的


2001年10月、海上保安庁長官と公安部副部長との間で密輸、密航等の海上犯罪取締りに係る協力関係強化を目的とする「討議の記録」に署名しました。

本文書に基づき、密輸等に関する情報交換等を随時実施しています。 

日中海上取締機関長官級会議

日中海上取締機関長官級会議



中国海事局/経緯・目的


2000年4月、海上保安庁長官が訪中し、中国交通部(当時)の副部長との間で両機関の協力関係について意見交換を実施しました。

以後、随時意見交換等を実施しています。


観閲式参加のため訪日した海巡21
観閲式参加のため訪日した海巡21


韓国との二国間関係

主な協力の概要/経緯・目的


1999年4月、海上保安庁長官と韓国海洋警察庁長官との間で、海上における秩序維持を図ることを

目的とした幅広い分野での相互理解・業務協力を推進すべく、「討議の記録」に署名しました。

同文書に基づき、長官級協議や地方レベルでの連携訓練等を実施しています。


日韓長官級協議 第八管区と南海地方庁による合同SAR訓練

日韓長官級協議第八管区と南海地方庁による合同SAR訓練



インドとの二国間関係

主な協力の概要/経緯・目的

 

 ●1999年に発生した「アロンドラ・レインボー号事件」において、インド沿岸警備隊が海軍と連携して海賊を確保しました。

 ●2000年の長官級会合において、両機関長官の定期的な相互訪問に合意しました。

 ●2006年の長官級会合において、これまでの両機関の協力の集大成として、ハイレベルの相互訪問、巡視船の相互訪問、24時間連絡窓口設定等を内容とした「協力に関する覚書」に署名しました。


日印長官級会合 合同訓練

日印長官級会合合同訓練




ベトナムとの二国間関係

ベトナム海上警察との協力覚書交換

 
 2015年9月16日(水)、越共産党グエン・フー・チョン書記長の来日の機会を捉え、「海上保安庁とベトナム海上警察との間の協力覚書」の交換を実施しました。(2014年9月にベトナム海上警察から提案、翌年3月より実務者間調整の開始に合意。)

【概要】
①ASEAN地域とは初めてとなる長官級での覚書交換。海上保安庁にとって6カ国目(米、中、露、韓、印)。
②人材育成、情報交換等の協力分野の明確化。
③具体の内容調整のため、実務者による年次会合を開催。


覚書交換式