海上保安庁マリンレジャー 海上保安庁マリンレジャートップ @ライフジャケットの着用A携帯電話等、連絡手段の確保B海のもしもは「118」
自己救命策3つの基本
@ライフジャケットの着用A携帯電話等、連絡手段の確保B海のもしもは「118」
  ライフジャケットの常時着用!
  もしも、海中転落してしまったら…
  まず、海に浮いていることが重要です。浮かんでいれば、救助の手が差し延べられます。
 そのためには、ライフジャケットを着用することが極めて有効です。 ライフジャケットを着用し、救助を待ちましょう。
ライジャケ着用!
  連絡手段の確保!!
  〜防水パックを使用した携帯電話の携行
  ライフジャケットを着用し、海に浮いていて、救助されるためには、「助けて欲しい!」 と救助機関へ通報・要請しなければなりません。そのためには、耐水タイプ又は防水パックに入れた携帯電話を携行するなど、連絡手段を確保しましょう!
防水パックケータイ携行
  海のもしもは118番!!!
  海のもしもは118番です。
   海上保安庁では、緊急通報用電話番号を 局番なし118番(無料)として設定していますので、有効に活用して下さい。
 もしもの時の救助要請は、118番まで!救助要請を受けた海上保安庁などが、他の機関と連携しつつ救助に駆けつけます。
もしものときの118