全国各地で発生した海の事件・事故(7月登録分)

広報実施 担当部署 種別 種類 件名 発生場所 概要 海上保安庁
出動勢力
備考
7月1日 七管門司 事故 乗揚 コンテナ船が乗揚げ 福岡県
北九州市藍島沖
 7月1日午前8時頃、福岡県北九州市藍島沖において、韓国籍コンテナ船(15名乗組み)が乗揚げたとの情報があり、巡視艇「もじかぜ」が出動した。2日午前10時30分頃、手配したタグボートにより離礁。浸水、油の流出等なし。人命に異状なし。
巡視艇 1
 
7月1日 七管若松 事故 浮流油情報 福岡県
北九州市若松区沖
 7月1日午前10時40分頃、福岡県北九州市若松区安瀬泊地の岸壁付近に油が浮いているとの情報があり、巡視艇「やまざくら」を出動させ、防除作業を実施。調査の結果、近くの資材置場から流出していたことが判明、油吸着マットの敷設作業を行った結果、油の流出は無くなった。
巡視艇 1
 
7月2日 七管門司 事故 衝突 漁船とパナマ籍貨物船が衝突 福岡県
沖ノ島沖
 7月2日午前2時30分頃、福岡県沖ノ島沖において、操業中のまき網漁船(21名乗組み)と航行中のパナマ籍貨物船(16名乗組み)が衝突し、まき網漁船が沈没。漁船の乗組員21名のうち15名が僚船に救助され、病院等に搬送、1名が死亡し、2名が骨折等の怪我。残り6名が行方不明となり、海上保安庁、自衛隊、水産庁、山口県の船艇、航空機及び僚船等により捜索を実施。事故当時、パナマ籍貨物船を操船していた2等航海士を業務上過失往来妨害・業務上過失致死の容疑で逮捕した。
巡視船艇 6
航空機 3
機動救難士
画像
7月3日 三管本部 漂流船 沖ノ鳥島北北西185キロ  付近を航行していたパナマ船籍の貨物船から転覆した漁船を発見した旨の通報が海上保安庁にあった。航空機、巡視船を出動させ確認にあたったところ、漁船の船尾のみが漂流しており、付近に人影、漁具、浮流油等は認められず、水面下には海草がついていた。
巡視船 1
航空機 3
 
7月3日 十一管本部 事故 海浜事故 ダイバー死亡事故 儀志布島沖  7月3日午後1時頃、儀志布島沖でダイビング中の男性1名が溺れたとの通報があった。該人は診療所に搬送されたが、死亡が確認された。
巡視船 2
 
7月4日 三管清水 急患搬送 御前崎沖  韓国籍貨物船船長が昏睡状態となっている旨の通報が清水保安部にあり、巡視船が該人を御前崎港まで搬送、待機していた救急車に引き継いだ。
巡視船 1
 
7月4日 三管横須賀 海中転落 久里浜沖  プレジャーボートから人が海に転落したと付近航行中の船から東京湾海上交通センター通報があり、巡視艇・ヘリコプターを出動させた。転落した2名の内1名は自力でボートにあがり、1名は巡視艇により発見・救助されたが、病院で死亡が確認された。
巡視船 1
航空機 3
 
7月4日 七管佐世保 自船位置不明船の捜索 長崎県
五島列島
 7月4日午後2時30分頃、長崎県五島列島の相崎瀬戸付近において、一本釣漁船が濃霧のため自船位置が解らなくなったとの救助要請が118番通報であった。巡視艇「つばき」を出動させるとともに長崎県水難救済会所属船にも捜索依頼を行い、同日午後3時45分頃、長崎県水難救済会所属船が発見、救助した。人命に異状なし。
巡視船 1
 
7月6日 七管唐津 事故 負傷 漁船乗組員が負傷 佐賀県
東松浦郡浜玉町沖
 7月6日午後9時頃、佐賀県東松浦郡浜玉町沖において、底引き網漁船の乗組員が、網揚げ作業中に誤って曳網ロープと巻き揚げローラーとの間に右手指を挟み負傷し、病院に搬送された。

 
7月6日 七管門司 事故 衝突 水産庁漁業取締船と韓国籍貨物船が衝突 福岡県
沖ノ島沖
 7月6日午前7時30分頃、福岡県沖ノ島の沖合において、行方不明者を捜索中の水産庁漁業取締船と航行中の韓国籍貨物船が衝突、取締船が浸水を起こし、乗組員16名が別の取締船に救助され、1名が打撲等の負傷を負い病院に搬送。人命に異状なし。衝突、浸水した取締船に海上保安庁職員が移乗し、燃料バルブ、エアー抜き等の閉鎖作業を実施、取締船は、水没しながら漂流。油の流出が懸念されたことから第七管区海上保安本部に「海難対策本部」を設置。8日午前1時頃、山口県見島沖約65キロメートル沖で沈没した。沈没地点から油の流出を認めたため、巡視船等で防除作業を実施。
巡視船 7
航空機 1
画像
7月6日 十一管本部 事故 海浜事故 ダイバー漂流事故 粟国島沖  7月6日午後零時頃、粟国島沖でダイバー3名が行方不明になっているとの通報があった。3名は粟国救難所の漁船に発見救助されケガ等なく無事である。
巡視船艇 2
航空機 1
 
7月7日 七管三池 行方不明者情報 佐賀県
佐賀郡川副大橋付近
 7月7日午後12時頃、佐賀県佐賀郡川副大橋付近において、無人の車両が発見され、所有者が行方不明との情報があり、巡視艇「いけかぜ」及び管理艇、航空機を出動させ、捜索を実施していたところ、9日午前9時頃、地元の漁船が、遺体で漂流している同人を発見。
巡視艇等 2
航空機 1
機動救難士
 
7月7日 七管若松 事件 外国籍貨物船が油を排出 福岡県
北九州市若松区白島沖
 7月7日午後3時頃、福岡県北九州市若松区白島沖において、航行中の漁船から油が浮いているとの情報があり、巡視艇「わかかぜ」を出動させ、調査を実施。付近に停泊中の外国籍貨物船から事情徴収を行ったところ、機関室に溜まった海水混じりの油を排出した事を認めたため、同船機関長を「海洋汚染及び海上災害の防止に関する法律」違反の容疑で検挙した。
巡視艇 1
 
7月8日 七管若松 事故 人身事故 作業員が船倉に転落 福岡県
北九州市若松区
 7月8日午後5時30分頃、福岡県北九州市若松区の岸壁に係留中の押船で作業員1名が船倉に転落し、救急車で病院に搬送。骨折等の全治2ヶ月。
巡視艇 1
 
7月9日 七管唐津 事故 衝突 小型漁船が防波堤に衝突 長崎県
壱岐郡久喜漁港
 7月8日午後10時30分頃、長崎県壱岐郡の久喜漁港内において、小型漁船が防波堤に衝突し、乗組員1名が骨折等の負傷を負った。人命に異状なし。油の流出無し。
巡視艇 1
 
7月10日 七管萩 事故 乗揚げ 漁船が乗揚げ 山口県
萩市羽島の海岸付近
 7月10日午前1時10分頃、山口県萩市羽島の海岸付近において、漁船(2名乗組み)が乗揚げたとの救助要請が118番通報であり、巡視船「しづき」を出動させた。乗組員2名は、僚船に救助され、人命に異状なし。油の流出無し。
巡視船 1
 
7月10日 七管佐世保 事故 海中転落 漁船からの海中転落 長崎県
北松浦郡小値賀町沖合
 7月10日午前6時15分頃、漁協から長崎県北松浦郡小値賀町の沖合において、無人で錨泊中の漁船があり、同船を移動させようとアンカーロープを巻き上げたところ、同船船長がアンカーロープに足を絡ませた状態で遺体が発見されたとの情報があった。死因は溺死。
巡視船艇 2
 
7月10日 七管大分 事故 火災 係留中の漁船が火災 大分県
中津市中津小祝漁港内
 7月10日午前10時30分頃、大分県中津市中津小祝漁港内において、岸壁に係留していた無人の漁船が火災。同日午前11時頃鎮火。調査の結果、配電盤の配線が漏電したことにより出火したものと思料された。
消防艇 1
 
7月10日 七管大分 急患輸送 大分県
姫島沖
 7月10日午後2時50分頃、大分県姫島沖を航行中のタンカーで急病人が発生し、病院まで搬送してほしいとの要請があり、巡視艇「せきかぜ」を出動させ、港まで搬送、救急車に引き継いだ。
巡視艇 1
 
7月10日 七管長崎 事故 海浜事故 遊泳者の行方不明 長崎県
南松浦郡三井楽町高浜海水浴場
 7月10日午後1時分頃、長崎県南松浦郡三井楽町の高浜海水浴場において、修学旅行の小学生等12名が岩場に孤立し、2名が行方不明になっているとの情報があり、巡視船艇4隻、航空機1機を出動させた。孤立者12名は、地元の消防団により無事陸岸に救助され、行方不明者2名は、現場近くで発見され、病院に搬送されたが、死亡が確認された。
巡視船艇 4
航空機 1
機動救難士
 
7月12日 三管横須賀 転覆 横須賀市芦名沖  7月12日午前11時10分頃、芦名漁業協同組合から定置網に係留され転覆しているボートを発見したと第三管区海上保安本部に118番通報があり、巡視船艇、航空機、潜水士による付近海域の捜索を実施した。
巡視船 1
巡視艇 2
航空機 1
 
7月12日 七管唐津 事故 衝突 旅客船と漁船が衝突 長崎県
壱岐郡郷ノ浦港内
 7月12日午後3時30分頃、長崎県壱岐郡の郷ノ浦港内において、漂泊中の旅客船(乗組員5名、乗客173名)と航行中の漁船が衝突。両船に浸水、油の流出無し。人命に異状無し。
巡視艇 1  
7月13日 七管唐津 事故 機関故障 漁船が機関故障 佐賀県
東松浦郡小川島沖
 7月13日午前10時30分頃、佐賀県東松浦郡小川島沖において、漁船が機関故障起こしたとの救助要請があり、巡視艇「にじぐも」を出動させ、佐賀県水難救済会唐津マリーン救難所所属船と協力して、漁船を唐津港まで、曳航救助した。
巡視艇 1
 
7月13日 七管唐津 行方不明 旅客船の乗客が行方不明 福岡県沖
玄界灘
 7月13日午後5時頃、福岡県博多港を出港し、長崎県壱岐島に入港した旅客船から乗客1名が行方不明になっているとの情報があり、海中転落した可能性があることから、巡視船艇、航空機を出動させ、捜索を実施。
巡視船艇 4
航空機 1
 
7月14日 七管唐津 急患輸送 急患輸送 長崎県
壱岐島
 7月13日午後8時頃、長崎県壱岐郡の役場から病人の搬送依頼があり、福岡航空基地所属のMH908号機を出動させ、福岡空港まで搬送した。
航空機 1  
7月15日 三本部 洋上救急 硫黄島南220キロ  刺し網漁船の乗組員(フィリピン人32才)が発熱、腹痛のため、船主より洋上救急の依頼があり、自衛隊機により該船から患者を揚収、硫黄島で当庁航空機に乗せ、羽田航空基地まで搬送した。
航空機 1  
7月15日 三管横浜 海中転落 鳥島  7月15日午後5時から6時頃、操業中の漁船から1名海中転落したとの通報が鳥羽保安部にあり、情報を入手した第三管区海上保安本部は巡視船、航空機を出動させ付近海域の捜索を実施した。
巡視船 1
航空機 1
 
7月15日 六管宇和島 入港遅延船 愛媛県
八幡浜市沖
 7月15日午後9時頃、愛媛県西宇和郡三瓶町漁業協同組合から漁船が帰港時刻を過ぎても帰港しないとの連絡があった。巡視船艇により捜索したところ、同日午後11時頃、漂流中の該船を発見し救助した。人名に異常なし。
巡視船 1
巡視艇 1
 
7月15日 十一管石垣基地 事故 西表山中の負傷者の救助 西表島  7月15日午前8時頃、八重山警察署から西表島山中で発生した負傷者男性1名の救助要請があり、午前10時頃森林の中からヘリコプターで該人を無事吊上げ救助した。男性は生命に別状はない。
航空機 1  
7月15日 十一管本部 事故 海浜事故 素もぐり漁師死亡事故 座間味島沖  7月15日午後2時頃、座間味島沖合いでダイビングボートが心肺停止状態で漂流している男性1名を発見揚収し、心肺蘇生術を行いつつ診療所に搬送したが、診療所医師により死亡が確認された。
巡視艇 1
 
7月16日 七管萩 事故 衝突 漁船同士の衝突 山口県
萩市沖
 7月16日午後7時頃、山口県萩市沖において、イカ釣り漁の準備のため錨泊していたイカ釣り漁船(1名乗組み)と航行中の漁船(1名乗組み)が衝突。衝突後、イカ釣り漁船が転覆、乗組員は相手船に救助され人命に異状なし。船体は、相手船により漁港まで曳航された。
巡視艇 1  
7月17日 七管厳原 事故 機関故障 タンカーが機関故障 長崎県
対馬沖
 7月17日午前3時10分頃、長崎県対馬沖において、日本から韓国に売却され韓国釜山港向け航行中のタンカー(乗組員韓国人6名)が、機関故障を起こしたとの救助要請が118番通報であり、巡視艇「なつぐも」が出動した。タンカーは、所有者手配のタグボートに厳原港まで曳航され、修理を実施。
巡視艇 1  
7月18日 六管高松 入港遅延船 香川県
小豆島沖
 7月18日午前11時頃、香川県小豆郡内海町漁業協同組合から漁船が帰港時刻を過ぎても帰港しなとの連絡があった。巡視船艇等で捜索を実施していたところ、該船から兵庫県室津港に入港しているとの連絡があり、無事が確認された。
巡視船 1
巡視艇 3
航空機 1
 
7月19日 三管下田 衝突 新島若郷漁港  漁港消波ブロックに遊漁船(12トン)が衝突したとの連絡を受け、巡視艇を現場に出動させた。船長及び乗船客8名の内、重傷者1名がヘリコプターで病院に搬送された。
巡視艇 1
 
7月19日 六管広島 事故 転覆 漁船が転覆 山口県
岩国市沖
 7月19日午前9時頃、山口県岩国市柱島の東約1キロメートルの海上において、漁船が突風を受けて転覆した。乗船者7名全員が海に投げ出されたが、近くの船に6名が救助されたが、1名が行方不明となっている。救助された6名の内1名が重体、他の5名は軽傷を負った。
巡視艇 5
航空機 1
 
7月19日 六管呉 事故 転覆 プレジャーボートが転覆 広島県
倉橋町沖
 7月19日午前8時頃、広島県安芸郡倉橋町よこしまの北西約200メートルの海上において、プレジャーボートが突風を受けて転覆した。乗組員2名は海に投げ出されたが、付近を航行していた船に救助された。
巡視艇 1  
7月20日 三管銚子 行方不明 千葉県
野手浜海岸
 午前5時15分ロシア人男性1名が遊泳中に行方不明になったと八日市場消防署から銚子保安部に連絡があり、ヘリコプター、巡視艇を出動させた。該人は心肺停止状態で水難救済会の漁船に発見、揚収された。
巡視艇 1
航空機 1
 
7月20日 七管門司 事故 機関故障 プレジャーボートが機関故障 山口県
豊浦郡豊浦町沖
 7月20日正午頃、山口県豊浦郡豊浦町沖において、プレジャーボート(2名乗組み)が機関故障を起こしたとの救助要請が118番通報であった。巡視艇「さとざくら」及び山口県水難救済会室津漁協救難所、豊北町救難所矢玉支所所属艇が出動し、先着した巡視艇「さとざくら」が、機関故障船を漁港まで曳航救助した。人命に異状なし。
巡視艇 1  
7月20日 七管門司 事故 海浜事故 磯釣者の孤立 山口県
下関市彦島竹ノ子島
 7月20日午後12時40分頃、山口県下関市彦島竹ノ子島付近において、磯釣りを行っていた男性1名が岩場に孤立しているとの情報が消防本部からあり、巡視艇「きよかぜ」が出動した。現場の水深が浅く、岩場に近寄れないことから消防より依頼を受けた南風漁協所属船が岩場に近づき、孤立者を無事救助した。人命に異状なし。
巡視艇 1  
7月20日 七管佐世保 事故 海浜事故 遊泳中の事故 長崎県
北松浦郡小値賀町の海水浴場
 7月20日午後3時頃、長崎県北松浦郡小値賀町の海水浴場において、遊泳中の男性1名が溺れ、海底に沈んでいるところを発見したとの情報が118番通報であった。溺者は、漁船により診療所まで搬送されたが医師により死亡が確認された。
巡視艇 1
航空機 1
機動救難士
 
7月21日 三管銚子 海中転落 千葉県
犬吠埼灯台南東約12キロ
 午前7時5分頃、パナマ船籍の貨物船から乗組員1名が行方不明になっているとの連絡を受け、巡視艇を出動させ捜索を実施した。
巡視艇 1
 
7月21日 九管伏木 事故 衝突 漁船とプレジャーボート衝突 富山県
新港市
 7月21日午前8時頃、衝突船の船長から漁船と衝突した旨、118番にて連絡が入った。
 伏木海上保安部では、巡視艇を出動させ、調査したところ、両船とも航行に支障なく、けが人もでていない。現在、衝突原因等詳細を調査中。
巡視艇 1  
7月22日 三管銚子 行方不明 一の宮東浪見海岸  午前11時34分頃、男性サーファー1名が流されたとの通報を受け、巡視艇が出動し捜索を実施した。該人はテトラポットに挟まれた状態で発見され、病院へ搬送されたが死亡が確認された。
巡視艇 1
 
7月22日 七管門司 事故 浸水 漁船が浸水 山口県
豊北町角島沖
 7月22日午後6時30分頃、山口県豊北町角島沖において、操業準備中のイカ釣り漁船(1名乗組み)が浸水を起こしたとの救助要請が118番通報であった。巡視船「しづき」及び巡視艇「きよかぜ」が出動し、漁港まで曳航救助した。油の流出無し。人命に異状なし。
巡視船艇 2
航空機 1
機動救難士
 
7月22日 七管厳原 濃霧による航行不能船の救助 長崎県
対馬沖
 7月22日午後2時40分頃、長崎県対馬沖を航行中の作業船(2名乗組み)から濃霧のため自船位置がわからなくなり、航行できないとの救助要請があり、巡視艇「あさぐも」が出動し、捜索を実施。同日3時50分頃、該船を発見、港まで誘導して救助した。
巡視艇 1
 
7月23日 三管本部 急患輸送 南鳥島南西約540キロ  漁船乗組員1名が膝に水が溜まり、足首まで腫れ、激痛を訴えていることから急患輸送依頼があり、巡視船、航空機により病院へ搬送した。
巡視船 1
航空機 2
 
7月23日 六管玉野 事故 乗揚 曳船が乗揚げ 岡山県
玉野市沖
 7月23日午前12時頃、岡山県玉野市大蛭島灯台から西南西約3600メートルの海上において、航行中の曳船が暗岩に乗揚げた。人名に異常なく、浸水、転覆、油の流出もない。
巡視艇 1
監視取締艇 1
 
7月23日 七管仙崎 事故 衝突 漁船が防波堤に衝突 山口県
豊浦郡豊北町粟野漁港沖
 7月23日午前0時頃、山口県豊浦郡豊北町粟野漁港沖において、漁を終え帰港途中のイカ釣り漁船(1名乗組み)が、防波堤に衝突。乗組員は、僚船により救助後、病院に搬送、医師により打撲及び擦過傷と診断され、人命に異状なし。
巡視艇 1
 
7月23日 十一管中城署 事故 転覆 ボート転覆事故 久高島沖  7月23日午前11時頃、久高島沖でプレジャーボート(3名乗船)が横波を受けて転覆、3名が海に投げ出されたが、行動をともにしていた水上バイクにより救助された。3名ともに生命に別状はなくケガもない。波浪注意報が発令されていた。
巡視艇 2
航空機 1
 
7月24日 三管千葉 海中転落 アクアライン風の塔の東北東約5.2キロ  操業中の漁船から乗員1名が海中転落したと漁協を通じ千葉保安部に連絡があり、巡視艇が出動、捜索を実施した。該人は他の漁船に無事救助され、怪我はなかった。該人は救命胴衣を着用していた。
巡視艇 6
 
7月24日 三管川崎 油流出 京浜港川崎第1区三井ふ頭  砂利運搬船が油タンカーから燃料油を補給中、エアー抜きから燃料油が溢れ海上に20〜30リットルが流出した。118番通報により巡視艇が出動し、吸着マット等により油処理を実施した。
巡視艇 1
 
7月24日 六管高松 事故 衝突 漁船同士が衝突 高松市男木島沖  7月24日午前12時頃、香川県高松市男木島灯台から西北西2500メートルの海上において、操業中の漁船に航行してきた漁船が衝突した。人名に異常なく、浸水、油の流出もない。
巡視船 1
巡視艇 1
 
7月25日 三管鹿島 孤立者救助 鹿島港中央防波堤  立入禁止の防波堤で釣をしていた5名が高波の為戻れなくなっているのを他の釣人が発見、110番通報し、警察から通報を受けた海上保安署が巡視艇を出動させ、全員を無事救助した。
巡視艇 1
 
7月25日 三管本部 急患輸送 千葉県洲埼南西約10キロ  キプロス船籍のタンカー乗員が右腕を負傷し、出血が激しいことから、代理店を通じ三本部に急患輸送の要請があった。ヘリコプターを出動させ、該人を揚収、横浜海上防災基地で救急車に引き継いだ。
航空機 1
 
7月25日 六管宇和島 事故 衝突 漁船が防波堤に衝突 愛媛県
宇和島市
 7月25日午前零時頃、愛媛県宇和島市嘉島漁港の防波堤に漁船が衝突した。乗組員1名が負傷し病院に搬送された。

巡視艇 1
 
7月25日 七管唐津 事故 海中転落 漁船からの海中転落 福岡県
玄界島沖
 7月25日午後6時頃、長崎県壱岐島沖において、航行中の漁船が、無人で漂流している小型漁船を発見したとの情報が118番通報であり、船名等から所有者が判明し、漂流漁船に乗船していた所有者も無事であることが確認された。調査の結果、所有者は1名で漁船に乗組み、福岡県福岡市玄界島沖を航行中に誤って海中に転落したが、救命胴衣を着用していたことから漂流中のところを航行中の漁船に発見救助されたことが判明した。人命に異状なし。漂流漁船は、僚船により漁港まで曳航された。

巡視艇 1
 
7月25日 七管福江 事故 乗揚 漁船が乗揚げ 長崎県
南松浦郡冨江町沖
 7月25日午前2時20分頃、長崎県南松浦郡冨江町沖において、航行中の漁船(2名乗組み)が浅瀬に乗揚げ。乗組員2名は、僚船により救助され、人命に異状なし。船体は、船主手配のクレーン船により離礁。油の流出無し。

巡視艇 1
 
7月25日 七管佐世保 事故 人身事故 油バージ船の乗組員が負傷 長崎県
佐世保市崎辺町沖
 7月25日午前11時30分頃、長崎県佐世保市崎辺町沖において、油バージ船乗組員がプロペラ軸に足を挟まれたとの救助要請が118番通報であり、巡視艇「つばき」を出動させ、負傷者を搬送、救急車に引き渡した。

巡視艇 1
 
7月26日 六管今治 事故 衝突 水上オートバイと子供が接触 愛媛県
宮窪町
 7月26日午後2時頃、愛媛県越智郡宮窪町宮窪友浦久米の海岸で水上オートバイと遊泳中の子供が接触し、子供の頭部を4針縫う負傷を負った。事故原因について現在調査中。

巡視艇 1
 
7月26日 七管福岡 事故 負傷 漁船乗組員の負傷事故 福岡県
福岡市東区奈多沖
 7月26日午後10時30分頃、福岡県福岡市東区奈多沖において、漁船(8名乗組み)が、漁を終えて後片づけを行っていたところ、船上のデリックアームが倒れて、乗組員1名が頭部を負傷し、病院に搬送された。人命に異状なし。

巡視艇 1
 
7月27日 六管松山 事故 衝突 プレジャーボートが岸壁に衝突 愛媛県
北条市
 7月26日午後9時頃、愛媛県北条市鹿島神洗の防波堤に花火大会を見学し帰港中のプレジャーボートが衝突した。乗船者の内3名が負傷し病院に搬送された。

巡視艇 1
 
7月27日 七管大分 旅客船の行方不明者情報  7月27日午後7時頃、大分を出港し、大阪に入港したフェリーのロッカーに手荷物が残されているとの情報があり、所有者に連絡をするも確認がとれず海中転落した可能性もあることから巡視艇「せきかぜ」を出動させ、捜索を実施。

巡視艇 1
 
7月28日 九管伏木 事件 密航 韓国貨物船から密航者 富山県
富山市
 7月23日午後3時15分頃,伏木海上海上保安部,富山北警察署合同で伏木富山港伏木区に入港中の,韓国貨物船「JAN WON No1」に立入検査実施中,船倉等から11名の密航者(韓国・タイ人等)を発見,出入国管理及び難民認定法違反で緊急逮捕し,25日1時までに,富山地方検察庁に送致した。
 また,同船船長ら乗組員10名のうち9名を出入国管理及び難民認定法違反で通常逮捕,28日午後1時44分までに,富山地方検察庁に送致した。
巡視船艇
派遣捜査員
 
7月29日 七管仙崎 事故 機関故障 プレジャーボートが機関故障 山口県
萩市尾島沖
 7月28日午前11時頃、山口県萩市尾島沖において、プレジャーボート(2名乗組み)が機関故障を起こしたとの救助要請があり、巡視艇「さざんか」が出動し、マリーナまで曳航救助した。人命に異状なし。

巡視艇 1
 
7月30日 三管横須賀 人身事故 第三海堡  水中で作業をしていた潜水士1名がバックホウと呼ばれる水中作業用の機械に接触し、死亡したとの連絡が保安部にあり、監視取締艇を出して調査にあたった。
監視取締艇 1
 
7月30日 七管福岡 事故 機関故障 漁船が機関故障 福岡県
宗像郡大島村沖
 7月30日午前11時頃、福岡県宗像郡大島村沖において、航行中のタンカーが、機関故障を起こし漂流していた漁船(1名乗組み)を発見したとの情報があり、巡視船「みずき」及び航空機を出動させるとともに福岡県水難救済会新宮救難所に協力要請を実施。同日午前11時50分頃、福岡県水難救済会新宮救難所所属船が、機関故障船を発見し、曳航救助した。
巡視船 1
航空機 1
機動救難士
 
7月30日 七管下関 事故 海浜事故 遊泳者の救助 山口県
下関市彦島沖
 7月30日午前3時50分頃、山口県下関市彦島沖において、遊泳者1名(男性)が沖に流されたとの情報が118番通報であり、巡視艇「ひこかぜ」「はやなみ」を現場に急行させ、遊泳者を発見、巡視艇「ひこかぜ」が救助した。人命に異状なし。
巡視艇 2
 
7月31日 七管仙崎 事故 衝突 漁船同士の衝突 山口県
大津郡油谷湾内
 7月31日午後9時10分頃、山口県大津郡油谷湾内において、操業中の小型底引き網漁船(1名乗組み)と棒受け網漁船(4名乗組み)が衝突。両船に油の流出、人命に異状無し。
巡視船 1