平成25年12月17日

海上保安庁装備技術部船舶課


随時に受け付ける巡視船艇等建造に係る技術審査対象船艇の変更について

 海上保安庁が調達を行う巡視船艇等の建造契約を希望する事業者の技術審査については、「船舶又は船舶用機器等の調達に関する技術審査実施要領及び基準」(以下「審査基準」という。)に基づき定期的又は随時に申請書を受け付けているところですが、今般随時に受け付けを行う技術審査対象を下記のとおり変更しましたのでお知らせ致します。
 下記の巡視船艇等に係る技術審査を希望する事業者にあっては、審査基準に従って申請書を提出して下さい。
 なお、巡視船艇等の建造実績がない事業者であっても「設計及び製造技術等に関する調書」を提出することにより技術審査を受けることができることを申し添えます。
技術審査基準及び同調書作成に必要な資料は、下記の問合せ先で配布致します。(調書作成に必要な資料は、調書作成後に回収致します。また、同資料の受領に際しては秘密保持に関する誓約書等の提出を求めます。)
 その他不明な点については、下記「4.問合せ先」にお問合せ下さい。


1.技術審査を行う区分
  ヘリコプター2機搭載型巡視船
  ヘリコプター1機搭載型巡視船
  1000トン型巡視船
  500トン型巡視船
  350トン型巡視船
  180トン型巡視船
  35メートル型巡視艇
  30メートル型巡視艇
  23メートル型巡視艇
  20メートル型巡視艇
  放射能調査艇

2.申請書の受付期間
  随時

3.「設計及び製造技術等に関する調書」作成に必要な資料の配布期間
  随時

4.問合せ先
  東京都千代田区霞が関2−1−3
  海上保安庁装備技術部船舶課 
   (03)3591−6361 内線 4404、4420