用 語

GMDSS
Global Maritime Distress and Safety System : 海上における遭難及び安全に関する世界的な制度]
英国客船タイタニック号の遭難事件をきっかけに構築された従来の通信システムは、


@遠距離通信に対応できないことがある、
Aモールス無線電信には専門的技術が必要である、
B突然の船舶の転覆等に際しては遭難信号が発信されない場合がある


等の問題点があったことから、これらを解決するため、国際海事機関(IMO)を中心に検討が行われた結果、平成4年2月から導入が開始された新しい遭難・安全通信システム。
GMDSSでは、衛星通信技術、ディジタル通信技術等を利用することにより、船舶等はいかなる海域で遭難しても捜索救助機関や付近航行船舶に対して迅速確実に救助要請を行うことが可能となったほか、陸上から提供される海上安全情報も自動受信方式により確実な入手が可能となった。

コスパス・サーサットシステム   システムの詳細はこちら
基幹MCCネットワーク 衛星EPIRBの例
船舶が遭難した場合、船舶に搭載された衛星EPIRB(衛星非常用位置指示無線標識)から自動的に発信される遭難警報を極軌道周回衛星で中継し、陸上のMCC(業務管理センター)において遭難位置を特定し、それらの情報を国際的に交換する捜索・救助システム。
このシステムでは、全世界が5つのブロックに分けられ、それぞれに基幹MCCが設置されており、海上保安庁は北西太平洋区域の基幹MCCの業務を実施している。
インマルサット遭難通信システム
インマルサット静止衛星を使用し、船舶と陸上との間で遭難通信を直接行うシステム


概念図
へ戻る

DSC
[Digital Selective Calling : ディジタル選択呼出]
ディジタル通信技術を用いて遭難警報や呼出しを行うシステム
NBDP
[Narrow Band Direct Printing : 狭帯域直接印刷電信]
送信者と受信者がそれぞれキーボードを操作することにより通信内容が互いのブラウン管画面上に表示される無線テレタイプ
ナブテックス放送
NAVTEX AREA Chart(22.2kB)
主として沿岸から約300海里までを航行する船舶に対して、航行警報等の海上安全情報を英語又は日本語で自動印字により提供するシステム
インマルサットEGC放送
遠洋を航行する船舶に対して、陸上からインマルサット静止衛星を経由し、海域を特定して航行警報等の海上安全情報を送信するシステム
EGC:Enhanced Group Calling ; 高機能グループ呼出し
船位通信
船位通報制度(参加船舶から提供される船の位置に関する情報を管理し、効率的な海難救助を可能とする制度)に参加する船舶からの通報を取り扱う通信
管制通信
船舶交通が輻輳する海域において、船舶の安全で効率的な運航を確保するために、巨大船等からの航行に関する通報を取扱う通信
港務通信
船舶交通が輻輳する港において、船舶の安全な運航を確保するため、船舶の入出港や検疫に関する通報等を取扱う通信
救難用方位測定業務
遭難信号自動発信器(SOS発信器)等から発信された、中波・中短波の遭難信号を救難用方位測定局において受信し、遭難した船舶等の位置を測定する業務


概念図
へ戻る


←戻る