海上保安庁音楽隊

音楽隊TOP 演奏予定 音楽隊紹介 指揮者紹介 演奏実績 編集後記


<海上保安庁音楽隊>

 海上保安庁音楽隊は、音楽演奏を通じて国民の皆様との親交を深め、海上保安庁の活動に対するご理解をいただくとともに、海上保安庁職員の士気の高揚を図ることを目的として、昭和63年に発足しました。発足以来、吹奏楽の第一人者である稲垣征夫氏の技術指導・指揮のもと、国家的行事での奏楽、海上保安庁の式典での演奏のほか、海に関するイベントなどでの演奏を通じて海上保安庁のPR活動を行っています。
 最近の主な演奏活動としては、春から夏にかけては、海上保安の日祝賀会での奏楽、夏には海難防止を啓発するサマーコンサート、秋にはランチタイムコンサートや定期演奏会、冬には霞が関でのランチタイムコンサートなどを開催し、年度末には海上保安大学校や海上保安学校の卒業式での演奏も行っています。これらのほか、海事関係団体、国土交通省、地方自治体などからの派遣依頼にも対応しております。

 また、他の楽団とのジョイントなども行っており、平成20年には海上保安庁創設60周年を記念し、世界最高峰の音楽隊のひとつとして有名な米国コーストガード音楽隊を日本に招いての合同演奏会を開催しました。平成25年には、京都府舞鶴市の市制70周年記念事業として企画された演奏会に招いていただき、初となる海上自衛隊舞鶴音楽隊との合同演奏が実現しました。


音楽隊の歴史は、こちら(クリック)



<音楽隊長挨拶>  

音楽隊隊長の写真

 平成29年4月に第14代海上保安庁音楽隊長となりました須田雅美(すだ まさみ)と申します。  
 海上保安庁音楽隊は、隊員が各々の所属課等において日々海上保安業務に従事しながら関東圏を中心に年20回ほどの演奏活動を行っています。
 音楽をとおして海上保安庁を身近に感じて頂きたく、心を込めて演奏いたしますので是非、演奏会にお越し頂きますようお願い致します。
 皆様に演奏会場でお会いできることを楽しみにしております。




<海上保安庁音楽隊徽章>  

このマークは海上保安庁音楽隊員であることを示す徽章(きしょう)で、演奏服の左胸部に職員章とともにつけているものです。
デザインは、白鳥の両翼中央にコンパスマークを配した竪琴をあしらったものです。
ホームページ内でも使われていることにお気づきですか?
海上保安庁音楽隊へのリンクを貼って頂く際には、この徽章を使って頂けるとうれしいです!