インド沿岸警備隊巡視船サマルトゥ入港歓迎式典

平成29年1月17日(火)
横浜海上防災基地(神奈川県横浜市)

インド沿岸警備隊巡視船サマルトゥ
インド沿岸警備隊巡視船サマルトゥ

平成29年1月17日(金)、
海上保安庁音楽隊は日印海上保安機関長官級会合に伴う連携訓練のため来日した
インド沿岸警備隊巡視船サマルトゥの入港歓迎式典に参加しました。

海上保安庁とインド沿岸警備隊は平成11年に発生した
アロンドラ・レインボー号乗っ取り事件を契機として協力関係を構築しており、
巡視船の相互訪問と連携訓練を実施しています。
日本には2年に一度、インドの巡視船が訪問しており
今回は2年ぶりの来日となりました。

歓迎演奏の様子

午前10時頃ホストシップを務める巡視船いず乗組員等が見守る中、
サマルトゥが横浜海上防災基地沖に姿を現し、
音楽隊はマーチの歓迎演奏を開始しました。

演奏する音楽隊と巡視船サマルトゥ

サマルトゥの後部甲板(赤丸部分)に目をやると、
何やら整列している一団が...

巡視船サマルトゥの儀じょう隊

音楽隊!?いえ、岸壁からの敬礼に答えるために整列した
サマルトゥの儀じょう隊(※)でした。
(※...高官や外国の賓客などに対して儀礼や警護のために付けられる部隊)

入港歓迎式典の様子

入港歓迎式典では、
音楽隊はサマルトゥ乗組員の入退場と花束贈呈時に
演奏で華を添えました。

式典で入場するサマルトゥ乗組員
式典で入場するサマルトゥ乗組員

サマルトゥ船長への花束贈呈
サマルトゥ船長への花束贈呈

歓迎式典終了後、退場する乗組員を演奏で見送っていたところ、
サマルトゥ船長と音楽隊員の目線が合いました。
すると船長から親指を立てながら
「Very good!」
と笑顔で声がかかりました。

Very good!と声をかける巡視船サマルトゥ船長
Very good!と声をかける巡視船サマルトゥ船長

音楽隊はこれまでも外国巡視船の入港歓迎式典で演奏を行っており、
後日、楽器経験のある乗組員から歓迎演奏に対するお礼の言葉が届くことがありますが、
演奏現場で直接、声がかかるのは珍しい出来事でした。

音楽は国境を越えると言われていますが、
音楽隊の演奏が日印両国の友好親善と
両国海上保安機関の関係強化に寄与したのではないかと思います。

Welcome ICGS SAMARTH!


~おまけ~
サマルトゥの舷門(船の入り口)に飾ってあった救命浮環。
イギリスの影響が強い国の軍艦等でよく見られる
日本で言う表札代わりの飾りです。
おしゃれですね♪
巡視船サマルトゥの舷門(船の入り口)に飾ってある救命浮環