殉職者追悼式・海上保安の日祝賀会

平成25年5月13日(月)


【殉職者追悼式】

殉職者に献花する北村隆志海上保安庁長官
(海上保安庁殉職者慰霊碑に献花する北村隆志海上保安庁長官)


献花の際、葬送曲を演奏する音楽隊
 (献花の際、レクイエムを演奏する音楽隊)


海洋情報部構内(東京都江東区)にある
海上保安庁殉職者慰霊碑前で追悼式が行われました。
私たち音楽隊は約100名の参列者が慰霊碑へ献花する間
「君は帰る母なる海へ ~海へ殉じた方へのレクイエム~ 」
を演奏いたしました。
【海上保安の日祝賀会】


「海上保安の日祝賀会」の様子
(「海上保安の日祝賀会」の様子)


海上保安庁音楽隊ミニコンサート
(海上保安庁音楽隊ミニコンサート)


夕刻から中央合同庁舎3号館(東京都千代田区)において
開催された海上保安の日祝賀会では、
ミニコンサートを行い
「雨に唄えば(原題:SINGIN' IN THE RAIN)」や
「花は咲く」
など4曲を演奏いたしました。

「海上保安の日」とは
海上保安庁は、昭和23年5月1日に設立され、初代長官の手により
庁舎屋上に庁旗が掲揚されたのが、同年5月12日であったことを記念し、
以後、この日を「開庁記念日」として受け継がれています。
平成12年からは、海上保安庁が地域の方々に広く親しまれ、
当庁の役割・活動をより一層理解していただくために、
「開庁記念日」を「海上保安の日」と定めています。