海上保安庁音楽隊 第11回定期演奏会


平成16年10月30日(土)ゆうぽうと簡易保険ホール(東京都品川区)


~♪~演奏曲目~♪~

<一部>
<二部>


♪ニューヨーク・ヒポドローム

♪ブラボー・ブラス!
♪たなばた
♪海上保安庁愛唱歌 「はばたき」
♪歌劇「ファウスト」よりバレエ音楽
♪OPEN ARMS
♪青春の輝き
♪グレン・ミラー・メドレー
♪交響組曲

「パイレーツ・オブ・カリビアン」

<アンコール>
♪最初(はじめ)から今まで

~「冬のソナタ」より~

♪我等の指揮者


軽快なマーチ「ニューヨーク・ヒポドローム」ではじまりました第11回定期演奏会です!

朝からあいにくの雨が降り、肌寒い一日となりました。
お客様が来てくれるかどうか心配する声もありましたが、早くからお集まりいただいたお客様のために開場時間が30分早められるといううれしいハプニングも。

歌劇「ファウスト」よりバレエ音楽では、全7曲(約18分)を演奏しましたが、これだけ長い曲を演奏したのは、おそらく音楽隊史上初(?)です。
普段の練習以上の成果を出せたのは、真剣に聞き入ってくださったお客様のおかげだと思います。
ありがとうございました!


海上保安庁愛唱歌「はばたき」は、今年もゲストのすがはら やすのり氏をお呼びしてすばらしい歌を披露していただきました。
また、カーペンターズの「青春の輝き」はアルトサックス・ソロでカレンの澄んだ歌声を聴かせました。

「OPEN ARMS」「四季折々の歌 童謡十二ヶ月」の編曲者、杉本 幸一氏も2階客席にいらしてくださいました。
季節に沿った童謡と折り重なるように流れるちょっとユニークなメロディーや「いしや~きいも~、やきいも!」なんてソロもあり、隊員も楽しく演奏しました。


「グレンミラーメドレー」ではトランペットとトロンボーンが息をあわせて楽器を右に左にと、 ステージを見た目も華やかに演出すると、サックスセクションも全員映画「スゥイングガールズ」を見に行き、
「あの役者さん達は一ヶ月であれだけの演奏してるんだって!私達は・・・!」そんな気持ちでがんばりました。
ソリストも雰囲気たっぷりの演奏を目指しました!


今回も演奏会終了後、隊員がロビーでお客様をお見送りしました。
前回の反省を踏まえ、「楽器を持って出た方がわかりやすくない?」 「一列に並ぶより、ばらばらに立った方が皆さんとお話が出来ると思うよ?」 と話し合いを重ねた結果は・・・・写真の笑顔のとおりです♪

皆様、本当にありがとうございました!