(通報項目の一部変更について)
                外国から日本に入港しようとする船舶の皆さんへ重要なお知らせです。

国際船舶・港湾保安法の施行(平成16年7月1日)により、外国から日本に入港しようとする全ての船舶は、日本への入港(入域)の24時間前までに、所定の海上保安部署に対して「船舶保安情報」の通報をすることとされていますが、平成19年2月1日から、通報項目が一部変更になりますのでご注意下さい。

 (変更点)
 1.通報事項に次の事項が追加されます。
  ・乗船している乗組員の氏名、国籍、生年月日、乗組員手帳の番号及び職名
  ・乗船している旅客の氏名、国籍、生年月日、旅券の番号、出発地及び最終目的地
 2.これまでに通報事項であった下記の事項がなくなります。
 ・各寄港地において乗船した旅客のうち本邦内において下船する予定の者の有無


※ 追加された項目は、「乗船名簿」及び「旅客名簿」(FAL様式推奨)を添付することにより通報することができます。
※ この通報は、日本船/外国船の別、船舶の大小、船種等にかかわらず、外国から日本に入港しようとするすべての船舶に義務付けられます。
この通報は、日本の港に入港しようとする前の港が外国の港であるある場合のみ必要です。
  (したがって、いったん外国から日本に入港した後の国内の航海では必要ありません。)
※ この様式は、港長に対して行う危険物荷役許可申請、停泊場所指定願、移動許可申請、港湾管理者に対して行う係留施設使用許可申請、地方運輸局に対して行う保証契約情報の通報に対して用いることができます。

@ 通報先 入港する港を管轄する保安部署に通報してください。
入港地を定めることができないまま特定海域に入域する場合又は日本の港に入港せずに特定海域に入域する場合は、告示で定める海上保安部署に通報してください。(詳しくは最寄りの管区海上保安本部までお問い合わせ下さい。)
A 提出時期 入港をしようとする24時間前までに通報してください。
荒天や遭難等やむを得ない理由で24時間前までに通報して入港できない場合は、直ちに所定の通報先に通報してください。ただし、急迫した危難があり、緊急に入港しなければならないときには、入港後直ちに通報してください。(詳しくは最寄りの管区海上保安本部までお問い合わせ下さい。)
B 提出方法 港湾EDIFAX書面の郵送手交等により通報してください。
船長のほか、船舶の所有者やそれらの代理人からの通報も可能です。
※迅速かつ確実に通報を行うために、できる限り、港湾EDIシステムの利用をお願いします。
B 通報様式 別紙の通報用紙をご利用いただけます。
  「通報用紙」(H19/2/1〜)「記入要領」「記入例」
     「乗船名簿」「旅客名簿」 ←新様式(FAL様式)
PDF形式のファイルをご覧になるには、AcrobatReaderが必要です。
必要な方は、こちらからダウンロードして下さい。
C 添付書類 「乗船名簿」及び「旅客名簿」(FAL様式推奨)
D 手数料 必要ありません。

警備救難課 TEL:0980-82-4841



   お問い合わせ石垣海上保安部 TEL:0980-83-0118