航路標識協力団体制度

  はじめに
 令和3年11月、航路標識法(昭和24年法律第99号。以下「法」という。)の改正により、「航路標識協力団体制度」が創設されました。
 海上保安庁では、航路標識の維持、航路標識に関する知識の普及・啓発等の活動に幅広くご協力をいただくために、航路標識協力団体(以下「協力団体」という。)を募集します。
 なお、協力団体の申請手続や審査基準等を解説した手引書として「航路標識協力団体の指定に関するガイドライン」(以下「ガイドライン」という。)を別途公表していますので、詳しくは、このガイドラインを併せてご覧ください。


  航路標識協力団体制度とは

    制度概要はこちら

  募集要項 (※令和3年度の募集は締め切りました。)

  航路標識協力団体一覧(令和4年2月22日現在)