熊本海上保安部   ひのくにの海と灯台
           少しゆっくりして、海と灯台を眺めて見ませんか

   

    


 平成19年7月17日(火)                                                                  
    牟田港は姫戸港から4キロほど北にのぼったところにある。
    牛瀬はさらにその北側にある。牟田港を出て北側に向かうとき、或い                                    は帰港するとき、この瀬を交わさなければならない。
    牟田港牛瀬灯標は昭和51年12月に設置された。白光が5秒間に
  2閃する。塗色は黒地に赤い帯が1本ある。瀬などの障害物を標示する。
    天草はどこでも車海老の養殖が盛んである。水車が回転している。
  池の底の海老に空気を送り込んでいるのであろうか? しかし、車海老
  を育てるのはけっこう大変なようである。きれいな砂を入れて、外から
  取り入れる海水も、海老を食べてしまう魚や病気の元になる海藻が
  はいらないように気を使う。養殖池が海の畑であるとしたら、車海老は
  丹精してできた海の野菜かもしれない。